ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの創世期

今や世界のどこへ行ってもロレックスは、高級腕時計ブランドとして広く知られています。
しかしそんなロレックスもかつては世間から良い評価を受けることができなかった時代があったことをご存知でしょうか。
今現在でも、ロレックスのダブルネームモデルが時計の中古市場には流通しています。
今やロレックスが高級ブランドとしてもつ価値や、限定数で発売されていることなどからも、世界中で高級品となっているロレックスですが、実は創世期があったということを知る人は少ないのではないでしょうか。
かつて、ロレックスから出される時計のほとんどがダブルネームであったのです。
というより、受注による生産で稼働していました。
宝石店や方品店、時計屋などにおけるブランド時計の生産を請け負っていた時代もあったのでした。
つまりこの時代のロレックスは、今で言う東南アジアで作られる製品と同じくらいの扱いをされていたのでした。
しかし、その後のロレックスの発展は目覚ましいものがあり、イギリスのモールトン侯爵など、有名な人たちから受注した時計を作り経営を安定させます。
そこからオイスターケースなどを発表し、以後ロレックスは現在の地位を築くまでになるのです。