ロレックスの兄弟ブランド チュードルについて | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの兄弟ブランド チュードルについて

ロレックスの歴史について語られるとき、しばしばチュードルというブランドが登場するかと思いますが、みなさんはチュードルについてご存知でしょうか。

ロレックスの兄弟ブランドであるチュードルについてご紹介したいと思います。

 

ロレックスの兄弟ブランド チュードルについて

 

ロレックスは、1930年代にオイスターケースや自動巻き機構パーペチュアルといった時計業界に革命を起こした発明品を世に送り出しました。その実績は世界的に認められ、信頼性を獲得してきたのです。

しかしながら、一般の人々にとっては高級すぎるあまり、ロレックスの販売状況は最初から利益を出せたわけではありませんでした。

実用時計といえど、高額というイメージを定着させてしまったのでした。

 

世の人々に受け入れてもらうために、創業者のハンス・ウィルスドルフがとった行動が、イギリスでの市場拡大でした。本社を置いていたイギリスで、彼がとった戦略は、ロレックスの価格を下げるということではなく、お高いブランドイメージはそのままに兄弟ブランドとして、手ごろに一般の人々に受け入れてもらえるブランドを立ち上げることだったのです。

そこで作られたのが、チュードルでした。

 

チュードルは、ムーブメントを他社製品にし、そこでコストを削減した時計を販売しあした。オイスターケースをもちろん採用しましたが、ここはロレックスから流通させることで販売価格を安くすることができたのです。

これにより、ロレックスのブランドイメージを崩すことなく、利益をあげていくことに成功しました。

これこそ、時計職人ではなかったものの、自身のブランドを世界的なメーカーへとのし上げた創業者のハンス・ウィルスドルフのビジネス手腕があったのではないでしょうか。

 

チュードルは、チュードルローズといわれるバラと盾がモチーフとなったロゴマークを採用しました。これは、イギリスの人々にチュードルという時計ブランドを広く知ってもらうために、クイーンエリザベス1世などを輩出したチューダー家の家紋からインスピレーションを受けて作られたそうです。

年代によって、花弁や葉の形が少し違うので、そこを好むファンの方も多いようですね。

しかし、その後1870年代にバラに繊細な仕上げを施すコストを削減するため、ロゴマークは盾のみにかわってしまいました。

 

では次回、チュードルから出たモデルなどを少しご紹介したいと思います。ロレックスの歴史を見ていく中で参考になるかと思います。