ロレックスの偽物を見分けるためには細部まで目を配るーエクスプローラーⅠの偽物ポイントー | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの偽物を見分けるためには細部まで目を配るーエクスプローラーⅠの偽物ポイントー

残念ながらロレックスの偽物は、現実流通してしまっています。ロレックスが世界で愛されるが故、偽物が流通してしまっているわけですが、せっかく高いお金を出すのですから購入時には絶対に偽物を買ってしまうといったことがないように気を付けましょう。

 

現状、実際に買取店にロレックスを持ち込まれるお客様の中で、偽物だと気が付かずにずっとそのロレックスを愛用してこられたという方も多くいらっしゃいます。偽物は残念ながら買い取り値が付きません。

そんなことにならないように、ロレックスの偽物を見分ける目を養っておきましょう。

細部にまで気を配れば、本物であるか、偽物であるか見極めることができるはずです。

 

ロレックスの偽物を見分けるためには細部まで目を配るーエクスプローラーⅠの偽物ポイントー

 

では、実際に偽物の作りはどうなっているのか、エクスプローラーⅠを例に見てみたいと思います。エクスプローラーⅠは、ブラック文字盤に3本の針があしらわれたスタンダードなモデルです。

定番モデルとして、フォーマルなシーンでも、カジュアルなシーンでも使うことができ、入門機として愛用される方も少なくないでしょう。ロレックスの中で最も人気があるモデルとしても広く知られています。

 

そんなロレックスのエクスプローラーⅠ、実際に偽物と本物とを比べてみてみると、精巧に作られているので一見見ただけではどちらが本物かわからないかもしれませんが、細部にまで目を向けてみるとその違いがわかるかと思います。

例えば王冠マークに注目してみてみると、偽物で二流職人に作られたエクスプローラーⅠは王冠マークが大きくて、太い文字の作りになっています。ブレスレットとのつなぎ目であるラグも、偽物のほうが太く見えます

全体的にシャープな印象である本物に対して、偽物は図太い印象を受けるかと思います。

ほかにも、王冠マークと「ROLEX」の文字のバランスに違いがあります。可能であれば、顕微鏡などを使って文字盤を見てみましょう。王冠マークとROLEXの文字の太さは、比較してみるとよくわかるかと思います。

偽物は、ぼやけた文字になっていて鮮明ではありません。本物のほうがシャープな印象があり、くっきりしているのがわかります。一流の職人によって作りこまれた本物は、文字がにじむことなく、きれいに書かれており、ここに高い技術が注がれているのがお分かりいただけるでしょう。

いくら巧妙に偽せようとしても、ロレックスの本物とまるでそっくりにすることは細部までできるわけがありません。