ロレックスの偽物 リューズにも偽物ポイントがあるので要注意 | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの偽物 リューズにも偽物ポイントがあるので要注意

ロレックスはその人気の高さがゆえに、偽物が流通してしまっています。ロレックスも偽物を防ぐために様々な対策を行ってきましたが、残念ながら精巧化する一方です。

一見、偽物と本物を見分けるのは決して簡単なことではありません。プロでも、顕微鏡を使って調べたり様座穴道具を要する作業となります。ポイントは一つではないので、あらゆる点を見て判断が求められます。

ロレックスの正規店で購入したものであればほとんど問題ないといえますが、並行輸入品として購入したものであればなかなか偽物を完全に防ぐというのも、消費者側としては難しいところです。実際に、買い取りに出されるロレックスには、偽物と知らずに長年使ってこられたものも多く、残念な結果となることも多くあります。

できるだけ安くロレックスを手に入れたいとなると、どうしても並行輸入品や中古品に頼らざるを得ないことになりますが、その場合は偽物と出会ってしまうリスクがあります。それをどう回避するかは、購入者ご自身の目にかかってくることになります。少しでも偽物にひっかからないように知識をつけておくことが求められるのです。

 

前回までエクスプローラーⅠを例に、ロレックスの偽物ポイントを見てきました。特に王冠マークはロレックスのシンボル的存在ですが、偽物はここまでまだ本物に追いつくことはできていません。

ベルトのバックルの内側にも、ROLEXという文字の上に、王冠マークが刻まれていますが、偽物は平べったいものが多く立体感にかけます。

 

ロレックスの偽物 リューズにも偽物ポイントがあるので要注意

 

リューズというのは、ねじの部分になりますが、ここにも偽物ポイントとなるところがありますので、注意してみてみてください。拡大してみることができるのでしたら、リューズのギザギザのところをよく観察してみましょう。

 

先端の形が違っているのがよくわかると思います。偽物は少し先端がとがっているのがお分かりいただけるでしょう。偽物のように先端がとがってしまっていると、指先への負担がかかり、リューズをまく作業がうまくいきません。実用性にとことんこだわったロレックスは、リューズの操作性までもしっかりと考えて作りこんでいることは間違いありませんので、尖らせすぎずにまきやすいリューズであることが本物の証拠です。

 

細かいところにもしっかりとその目が行き届いているのが、本物であり、プロの高い職人技を偽物は真似することができません。