ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの価格の成り立ち 正規代理店と並行輸入品店では大きく価格に差が出る

ロレックスの時計は正規代理店と、並行輸入品を扱うショップとでは大きくその販売価格に差が生まれます。

時計は、商品の性質上、食べ物や洋服と違って古いモデルほど高い価格が付き、生産数が少ないものもまた高くなります。大量生産されているものは反対に安くなりますし、新しく誰でも手に入れられるものも安く手に入ります。

人気があるロレックスのデイトナなどは、新品の定価よりも、古いモデルの方が高い価格がついているのも現状です。しかし、中には珍しく古いけれども安いモデルももちろんあります。しかし、ヒットしなかったモデルや何か欠損があったものなどそれなりの理由は存在するでしょう。

 

では今日からは、ロレックスの価格の成り立ちなどについて考えていきたいと思います。

 

ロレックスの価格がどうやって決まっていくのか

 

冒頭でも述べたように、ロレックスの時計は正規代理店と並行輸入品を扱うお店とではまったく違うといえます。

正規代理店は、ロレックスを日本定価でのみ販売しています。これは、日本に正規代理店を置いている時計メーカーはすべて、日本定価というものを設定しています。ここでいう定価は、日本国内での時計の宣伝活動費、アフターサービスなどにかかわるコスト、そして正規代理店や正規販売店の利益をすべて含んだ価格になります。正規代理店はこの価格を遵守し、販売することが義務付けられているので、どこのお店でも、正規代理店であれば同じ価格で購入できる、ということです。

もちろん日本定価ですので、ほかの国でも同じ価格ということではありません。定価設定は国によって格差があります。

 

そこで、並行輸入品を扱うお店は日本定価よりも安い定価が設定されている国を探して、そこから仕入れを行っているのです。こうして、正規代理店と価格競合ができるわけです。

そのため、並行ショップでの価格はお店によって違います。並行輸入品では高い価格設定の自由度が設けられているため、仕入れ価格に対してお店がどれだけの利益を獲得することができるか、という点で販売価格を設定しています。

高級時計であるロレックスを安く買えるなんて何か怪しいと思われるかもしれませんが、それだけ価格を安くできているということは、利益を最小限に抑えるための努力が行われていると考えることができるわけです

 

しかし、並行輸入品は同じ商品であっても、為替ルートやその時のヒット作、人気などによって仕入れ値がかわります。またほかのお店の価格をみたり、海外での定価がいくらくらいなのかという要素も考慮されることになるので、一般的に1~2週間ごとに価格設定が変わってくるといえるでしょう

為替レートが動くのと同じように、いつ安くなるかというのもお店の人にもわからないかもしれません。できるだけ安くロレックスを手に入れたいという人は、お店にできるだけ足を運び価格を見てみるとよいかもしれません