ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの価格の成り立ち 並行輸入品の価格が変動する大きな4つの要因

ロレックスの時計は、正規代理店と並行輸入品を扱うショップとでは大きく価格に差が出ます。

正規代理店はあらかじめ日本定価が設定されていますが、並行輸入品店では価格設定の自由度が高いため、仕入れ値の状況や、お店の経営費などが影響してくるからです。

また為替の変動やトレンドによって、価格は日々変動してきます。生産数や流通数も、ロレックスの相場には大きな影響を及ぼしているといえます。

 

並行輸入品の価格が変わる要因

 

並行輸入品店では、販売しているロレックスの売値は日々変動すると思っておいた方がよいでしょう。為替ルートの変動によっては、高くも安くもなります。並行輸入品は、 ∃-ロッパや香港など世界各国から仕入れられているので、元の仕入れ値が同じ商品でも、買い付けした際の為替ルートによって、売値も変わってきます。

仕入れた際に、ユーロやドルに対し円安であれば、店頭価格はあがりますが、反対に円高であれば安くなります

為替に連動している売値は、頻繁に変動しますので、ロレックスを購入したいと検討している人は為替のチェックを行っておくとよいでしょう。もちろん、輸入先の国内定価が上昇した場合など仕入れ値段が高騰した時も、ロレックスの日本相場には影響が出てきます。

 

またその時のトレンドや人気のモデルはプレミアの価格が付くこともあります。デイトナのステンレススチールモデルなどは定価以上の価格が付くことがあります。生産量の少ない人気のモデルやや品薄状態が続く最新モデルについては、需要が供給を上回ってしまうため、仕入れ値も高騰します。これがプレミア価格です。

 

ここで、ロレックスの価格に大きな影響を及ぼす4つの要因をまとめてみましょう。

まず、お話してきた為替レートです。並行輸入品店で売られているロレックスは、主としてヨーロッパや香港から輸入されたものです。ヨーロッパはユーロ建て、香港ならUSドルで取引が行われており、円安の時と円高の時で仕入れ値も変わってきます。数円違うだけでも、何百万とするロレックスの価格は、1万から2万すぐに変動するといえるでしょう。

 

そして海外での定価も影響します。香港のロレックスが高くなったとします。並行輸入品のお店のロレックスもこれによって大きく値を上げます。円安が続いて、10~20%の値上がりがあることもあります。海外の定価の変動は、為替レートよりも価格を暴騰させる大きな要因となっているかもしれません。

 

そして流通数です。デイトナのステンレススチールモデルを例にあげましたが、これが高い理由はコンビモデルや金無垢モデルと比較しても、生産数が極端に少ないにも関わらず、人気があり、世界的に見ても供給量が需要を大きく下回っています。手に入りにくいモデルは、それだけどんどん価格が上がっていくということです。

 

最後にシーズンもその要因を握っています。夏にはダイバーズが売れ、在庫がなくなり高騰することもあります。