ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの価値 自社で開発から製造までを手掛ける高い精度のムーブメントとその信頼性

ロレックスは、自社でムーブメントの開発から製造までを手掛けるマニュファクチュールでもあります。スイスの歴史ある時計産業では分業化が進んでおり、時計メーカーはエボーシュと呼ばれるムーブメントメーカーが製造するムーブメントを採用するのが一般常識でもありました。そんな中で、自社でムーブメントを開発し、製造までをロレックスは手掛けるようになっていくのでした。

自社製の優れたムーブメントは、ロレックスを成功へと決定づける鍵となったことは言うまでもありません。

 

さらには、職人の手作業で行われていたムーブメント製造という作業をロレックスは機械化し、部品の一つ一つ全てが均等な品質を保てる体制を確立しました。精度や耐久性を全体的にアップさせた上に、量産が実現したのです。

他の時計メーカーが採用していたムーブメントは、ロレックスの創りだすそれの精度や耐久性にはまったく手が届かず、ロレックスのムーブメントはコストパフォーマンスが非常に高いと言えます。

 

ロレックスはムーブメントにこそ価値がある

 

ロレックスの代表作デイトジャストですが、1945年に発表されて以来主力モデルとして他のモデルの販売実績を大きくしのぐ活躍をみせています。

日本ではスイス製高級腕時計の代名詞的存在としてデイトジャストは捕えられていました。デイトジャストの特徴としては、ベースとなるデザインやムーブメントにマイナーチェンジは幾度か行われてきましたが、50年以上その姿を大きく変えていないところでしょうか。

 

デイトジャストに採用されているムーブメントは、ロレックスの真の価値を語る上で忘れてはいけない要素です。ロレックスのほとんどのモデルにデイトジャストと同じ基本設計のムーブメントが採用されています。ロレックスでは、価格やモデルが違うものでも、基本構造の同じムーブメントを採用しており、エアキング・デイトジャスト・デイデイト・サブマリーナ全て同じものを使用しています。

 

つまり、用途によって、好みによって無理に高価なモデルを購入せずとも、どの時計を選んでも高い精度が保証されるということです。

 

ではロレックス製品の価格の違いはどこから出てくるのかというと、素材や機能からになります。ロレックスはロレックスの中で手に入りやすいモデルも、高級中の高級なモデルでも、全てに信頼性のおけるブランドであるということが言えるでしょう。これもまた、ロレックスが価値あるブランドである理由の一つとなっています。