ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスの中古品 選ぶうえでのメリットとデメリットは?

ロレックスの中古品を購入するうえでのメリットとデメリットを今日はご紹介します。中古品という選択肢は、前の所有者の使用状態がわからないのもあり、すぐに壊れてしまうのではないかと不安に思う人も多いと思います。機械式の腕時計は特に外観だけでは判断できず、ムーブメントの状態は見ただけではわかりません。

しかし一方で、新品は非常に高価でなかなか簡単には買えませんが、中古品は手ごろな価格で手に入るという魅力も持っています。ロレックスは壊れにくい時計です、そういった意味では中古品という選択肢も賢明であるといえます。

中古品を選ぶうえでのメリットとデメリットはしっかり把握したうえで、どれを購入するのかを判断しなければなりません

 

 

中古品のメリットとデメリット

 

ではメリットから詳しく見ていくことにしましょう。

まずはその価格面です。高級腕時計メーカーの代表格でもあるロレックスですが、中古品は新品よりも低価格で手に入れることができます。これは中古品の最大のメリットであるといえるでしょう。

 

また中古品のロレックスであっても、ロレックスというブランドの時計であれば買い取ってもらうときにも高額査定が期待できるのもメリットの一つです。ほかのメーカーの時計は、数年たつと半額になってしまうといわれますが、例えばアンティークロレックスは、メンテナンスを行い良い状態が確保されているものであれば、手放すときにも目減りしない資産価値を持っています。投資目的で購入する人も多いのはこのことからです。

 

ほかにも、中古品であれば生産がすでに廃止となっているモデルでも入手可能です。例えば、超貴重な幻といわれるコスモグラフデイトナ ポールニューマンエキゾチックダイアル Ref.6239など、もう発売はされておらず、新品を手に入れるのはできないものでも中古品なら入手可能です。

そして中古のロレックスは、新品と同じく多くのバリエーションのモデルがそろっています。デイトナやサブマリーナなどの人気ラインンも在庫が豊富にあるため、お目当てのものも割と簡単に見つかるでしょう。

 

ではデメリットについてはどうでしょうか。初めに挙げられるデメリットとしては、コンディションが不明であるということです。中古ロレックスは、以前の持ち主がどういうふうに使っていたのかもわかりませんし、それが一人とは限りません。複数の人の手にわたってきた可能性もあります。

 

また付属品がかけていることもあります。付属品がないもののほうが安く手に入りますが、将来的に買取に出す際などは査定額が下がってしまうので、理解したうえで選ばなければなりません。