ロレックスのレア仕様 ~通常とは異なる仕様の個体が作られた理由は?~ | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスのレア仕様 ~通常とは異なる仕様の個体が作られた理由は?~

ロレックスをお持ちのユーザーは世界中に何千万といらっしゃるかと思いますが、レア仕様についてご存知でしょうか。

ロレックスには、外装に細かな仕様の違いがある個体が存在するといわれています。業界やファンの間では、それらをレアロレックスと呼んでいます。ロレックスをお持ちのユーザーの方でも、ご自身が持っているロレックスの細かいレアポイントに気づいていないという方もいらっしゃるでしょう。

ぜひこれを読んで、ご自身のロレックスを再度確認していただき、レアな仕様がないか見てみてください。知らない間にレアロレックスの所有者になっていたなんてこともあり得るかもしれません。

なぞに満ちたレアロレックスについて見ていきましょう。

 

通常とは異なる仕様の個体が作られた理由は?

 

ロレックスはほかの有名なブランドと比較しても、話題にあがることがとても多いブランドかと思います。特にレアな仕様のことに関しては、その存在理由がわかっていないという点もファンの中でさえも多く、あらゆる議論が交わされているところです。ロレックスの細かい仕様に関する知識はとても奥が深く、情報量も膨大です。知っているのと知っていないのとでは時計のツウ度が違うでしょう。

ではなぜ、通常とは違う仕様の個体が一部存在するのでしょうか。ロレックスが公式に発表したわけではありませんので、確実な情報ではありませんが、一般的に多く議論されている理由を挙げてみましょう。

 

まず、ロレックス社に部品を供給している下請け企業の違い、そしてアジアやヨーロッパなど、出荷国・地域での違い、年代による細かな仕様変更、ロレックス社の販売戦略といったところです。

 こうした要因から、通常とは異なる仕様の個体が流通すると考えられています。しかしあくまで真相はなぞに包まれているというのが現状です。逆に言うと、この謎に包まれた不透明な魅力が、人々がロレックスに引き付けられる一つの理由にもなっているのかもしれません。

ちなみにこれらレア仕様には、赤サブやポールニューマンなど超がつく有名なモデルもあれば、あまり広く知られていない比較的レアな仕様もあります。持っている人もそのレア度に気が付いていないこともあるでしょう。

次回、その比較的レアな後者のレア仕様をご紹介しながら、その謎について迫りましょう。レア仕様というものが存在すること自体知らなかった、という方などは、もしご自分のロレックスが、これに当てはまった時には、手を挙げて喜ぶユーザーの方もいらっしゃるかもしれませんね。