ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスのベゼルの種類を知ろう 様々なバリエーションからご紹介①

世界トップ時計メーカーのロレックスは、ベゼルのデザインにこだわりが強いブランドであるといえます。

ベゼルとは、時計の風防周りにあるドーナツ型のパーツです。風防とはちなみにガラス部分のことです。

ガラスを固定するという基本的な役割がありますが、ベゼルは時計の顔の一部にもなります。回転ベゼルなどの機能が付加されたベゼルもあり、様々な種類が存在します。デザインのアクセントに大きく左右する要素となるため、実用性、そして外観にもこだわりを追及するロレックスにとってはとても大切なものになるのです。

 

それぞれのロレックスのフェイスを見ていただくとお分かりになるかと思いますが、ベゼルのデザインが変わるだけで時計の表情が大きく変化します。ベゼルにはいくつかの種類があり、スムースベゼルやエンジンターンドベゼル、フルーテッドベゼル、タキメーターベゼル、そして回転ベゼルなどがあります。

 

今日からはロレックスが採用しているベゼルのバリエーションについてご紹介していきたいと思います。

ロレックスのモデルを選ぶうえでも大きな情報となることと思いますのでぜひ参考にしてください。

 

ロレックスのベゼルの種類を知ろう 様々なバリエーションからご紹介

 

まずは、標準的なベゼルとなるスムースベゼルです。主張がひかえめで、すっきりとしたデザインになっているのが特徴です。

このスムースベゼルはステンレス素材のオイスターパーペチュアル系、エクスプローラーⅠ、プラチナ素材のデイデイトなどに採用されています。

 

フルーテッドベゼルについては、コンビネーション素材のデイトジャスト、ゴールド素材のデイデイト、スカイドゥエラーなどに広く採用されているものです。フルーテッドとは縦縞を意味する言葉です。少し離れて観察してみると縦じまのようなデザインにも見えますが、厳密にいうと山型のカットがいくつも施されているような模様になっています。

ギザギザと表現するとわかりやすいでしょうか。

このインパクトの強い形状は、ロレックスのアイコンともなっています。フルーテッドベゼルは、ロレックスの代表モデルであるデイトジャストの大事なデザインコードになっているのです。素材は金なので、光沢感を持つドレススタイルや、時計を際立たせて強調したいシーンにぴったりです。

金は柔らかいので、衝撃やキズには注意して使わなければなりません。

 

次回引き続き、ほかのバリエーションをご紹介していきましょう。