ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスのベゼルの種類を知ろう 様々なバリエーションからご紹介 ④

では今日も引き続き、ロレックスのベゼルのバリエーションについてご紹介していきます。

ベゼルは時計の顔ともなる部分ですので、ここでご紹介することがロレックス選びの参考になれば幸いです。

 

ロレックスのベゼルの種類を知ろう 様々なバリエーションからご紹介 

 

今日初めにご紹介するのが、タキメーターベゼルです。これは、クロノグラフ専用ベゼルになります。ロレックスのクロノグラフ搭載モデルはデイトナのみのため、デイトナのみに採用されているベゼル、ということになります。近年は、金属製のタキメーターベゼル以外に、セラミック製のものも出されています。

 

このタキメーターベゼルの主な機能は、時速を割り出すことにあります。クロノグラフを使って1km移動時の経過時間を計り、クロノグラフ秒針が示す先のタキメーターを読み取ることで、大まかな平均時速を確認することができます。ここで、1km経過を知る方法があまりないことから、利用頻度は高くないとはいえ、クロノグラフウォッチのメカニックなイメージを強調しているかのようなデザインは魅力的ではないでしょうか。

 

次にご紹介するのが、バーク仕上げ用ベゼルです。金素材のロレックスの中には、バーク仕上げされているものがあります。バーク仕上げとは、樹皮を模した彫りを施したモデルのことを指します。そのバーク仕上げされているモデルには、イメージに合うデザインのベゼルがついています。全てに樹皮のような線彫りを施したものから、ファインリーエンジンターンド風にしたものなどが用意されています。

 

 そして宝飾ベゼルです。ハイエンドモデルには、ベゼルに宝飾をセットしたモデルがありますが、そのほとんどがダイヤ温度があしらわれており、美しい輝きを放つ上品なモデルとなっています。腕時計という本質を超えたジュエリーという名の芸術品です。

 

ここまでご紹介していたベゼルの種類は多くありましたが、つけられるベゼルによってデザインの印象が大きく違うということをご理解いただけたでしょうか。ロレックスのどのモデルにも、文字盤やケースのデザインに合わせてベゼルが選ばれます。このモデルにはこのベゼルというある程度の割り当ては決まっていて、それがそれぞれのモデルの特徴の一つにもなっているといえるでしょう

 

例えばデイデイトですと、通常のゴールドモデルはフルーテッドベゼルで、プラチナモデルはスムースベゼルが一般的に多く組み合わせられています。これによって、プラチナモデルを所有する場合、より特別感を感じることができるのではないでしょうか。