ロレックスのトラブルの例とそれにかかる修理費用の目安のご紹介 5 | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスのトラブルの例とそれにかかる修理費用の目安のご紹介 5

ロレックスの時計に起こりうるトラブルと、実際にかかる修理費用の目安をご紹介しています。今日はリューズのトラブルの修理費用から見ていきます。

 

ロレックスのトラブルの修理費

 

リューズがゼンマイを巻くため以外にも、多くのことに使います。時刻合わせ、日付合わせの際にもリューズを操作するため、普段から負荷がかかりやすい部分でもあります。そのため、リューズが取れてしまったという脱落のトラブルはよくある問題の一つであるといえます。

リューズが取れると、まったく操作が困難になってしまいます。それだけではなく、防水性も保たれなくなり、水分が侵入し、埃がはいってくるため、ムーブメントをダメにしてしまう大きなトラブルの要因となります。

こうなると基本的にはオーバーホールが必要になりますが、内部に不具合が見られなければ部分修理で済むこともあります。しかし、部品代と工賃がかかるため、最低でも修理費用の目安としては38000円ほどは見込んでおかなければいけないでしょう。

 

ここまで、あらゆる例を挙げながら、トラブルへの対処法や修理費用をご紹介してきましたが、ここでご紹介した以外にもロレックスに起こり得るトラブルには数々のものがあります。

 

文字盤や風防に痛みが目立って見える場合は、アンティークならではの味わいととってそのまま楽しむことができるととらえられるかもしれません。しかし、風防がガタついてしまうと、湿気が内部へ侵入しムーブメントに影響が及びますので、早急に対処するようにしましょう。

文字盤が、日焼けなどによる変色を起こしていたり、ひび割れてしまっていたり、また小穴があいてしまうなどというトラブルはよくある劣化の秘湯です。おおくの場合、表面の塗料のトラブルが原因になりますが、これが広がると地板やムーブメントに影響が及ぶことがありますので、こういったトラブルにも早急な対処が必要となります。

 

ロレックスの風防はオイスターケースに対応した高気密性規格となっていますが、中古の場合には規格外の風防に付け替えられていることがあります。規格外の風防の場合、がたついてくる可能性があります。そうなると文字盤が浸水してしまうため、交換が必要となります。

 

簡単に挙げたトラブルの例においても、修理費用は発生してきます。オーバーホールが必要かどうかで費用も変わってきますが、日頃からロレックスにこういったトラブルが発生しないよう心掛けておくことが何よりもの予防策になるでしょう。