ロレックスのデイトナ先行モデル16520に採用されたのは他社ムーブメントだった | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスのデイトナ先行モデル16520に採用されたのは他社ムーブメントだった

ロレックスのモデルの中で憧れているものはと聞かれるとデイトナと答える男性ファンも多いかもしれません。ロレックスをつけるというステイタスを持つうえでも、デイトナは突出しています。デイトナの先行モデル、16520は特にお勧めしたいモデルです。今日からはその魅力について解説します。

 

デイトナにおけるムーブメントの違い

 

先代モデルとなるデイトナ16520 は、現行モデルの116520と、違うムーブメントが採用されていました。

男性ファンは特に、内部のスペックについて気になるのではないでしょうか。ロレックスのような高級腕時計は、嗜好品でありながら、実用品であるという特殊性をもっているからなのかもしれません。そして男性は特にそうとらえる傾向が強いのかと思います。内部機械となるデイトナのムーブメントはこのようになります。

 

2000年から継続されている現行モデルの11620では、ロレックス製自社ムーブメントCal.4130が採用されており、1988年から続いた先行モデルの16520では、ゼニス製の「エルプリメロ」をチューンナップしたCal.4030が採用されていました。

 

自社一貫生産を誇るまにゅふぁクチュールであるロレックスは、ムーブメントについても自社で生産をおこなっていました。しかし、クロノグラフに関しては設計が非常に難しいため、以前から他社ムーブメントをベースに作ったムーブメントが採用されていたのです。

クロノグラフが手動式から自動式を主流へと変わっていく時代が来てからは、それに対応するようにロレックスも手動式のデイトナの製造を廃止し、自動式デイトナへと移行していきます。その際、ノウハウがないところから自動巻きを自社生産するより、他社のものをベースにするという安全策を選んだのです

その背景には、ロレックスが実用性を重視するメーカーであるということがあげられます。信頼性をすでに持っていた ゼニスのエルプリメロを選び、先行モデルにはこれをベースとしたムーブメントが採用されました。その後、現行モデルに自社製ムーブメントが採用されているのは、2000年にそのノウハウを蓄積したうえで自社製のクロノグラフを発表したという経緯があったのです・

 

結果、エルプリメロベースのCal.4030搭載の16520は、ロレックスが他社ムーブメントをベースにした最後のモデルとなりますが、エルプリメロのムーブメントがどういったものなのか次回ご紹介していきたいと思います。