ロレックスのデイトジャスト -一瞬で日付を変える革命的機能― | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスのデイトジャスト -一瞬で日付を変える革命的機能―

今日は、ロレックスのデイトジャストについてご紹介します。デイトジャストはロレックスを代表するモデルの一つで、日付が一瞬で切り替わる機能を持ったモデルです。

この一瞬で日付を切り替える機能は、発売当時画期的で、時計業界にひとつ革命を起こしたといってもよいのではないでしょうか。

 

ロレックスのデイトジャスト -一瞬で日付を変える革命的機能―

 

ロレックスのデイトジャストは、ロレックスが誇る3大発明のうちのひとつの機能を搭載した代表作で、そのまま発明名、デイトジャストがネーミングとしてつけられました。

デイトジャストの何よりもの特徴は、12時前後に一瞬で日付を切り替えるという機能がついていることでしょうか。この機能も、同じくデイトジャストと呼ばれるものです

 

デイトジャストは、インデックスやダイヤルの違いで、多くのラインナップがあります。

ステンレススチールに、18金のホワイトゴールドというコンビネーションモデルが高い人気ですが、2006年に発表されているオールステンレスRef.116200Cal.3135)モデルもコアなファンからは人気です。

ボリューム感がある鏡面仕上げのケースや、丸みを帯びたベゼルなどが存在感があり、ステンレススチールモデルでもたっぷりとラグジュアリー感を感じられるものとなっています。

 

バーインデックス、ローマインデックス、アラビアインデックスタイプが、インデックスには用意されていて、ここも好みがわかれるところでしょうか。

ずっと使い続けても飽きが来ないシンプルなデザインで、一本持っているとビジネスからプライベートまであらゆるシーンで使うことができるのでお勧めです。

 

デイトジャストは、ターノグラフと同じようにとらわれ、そちらに人気が持っていかれがちなイメージもあるかもしれませんが、シンプルを好む方にはデイトジャストのほうがおすすめです。エアキング同様、入門機としてもよいかもしれませんね。

ちなみに、デイトジャストの後継機、デイトジャストⅡはバーゼルワールド2009にて発表され、41mmにサイズアップとなりました。もちろんそれまでのデイトジャストも継続して生産されていたので、バリエーションが増えファンからも注目されました。

2012年のバーゼルワールドではオールステンレススチールモデルのデイトジャストⅡが登場、こちらも人気を集めよりシンプルな印象を持っていることから幅広い層のファンを集めました。