ロレックスのコストパフォーマンスについてー最高レベルのアフターサービスー | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスのコストパフォーマンスについてー最高レベルのアフターサービスー

一般的に、時計のオーバーホールは自社製ムーブメントのほうが費用がかかります。しかしメーカーによっては汎用製品のほうが高かったり、自社製ムーブメントと汎用ムーブメントのものが同じ料金設定のところもあります。これは、戦略的なところからきているのかと想定されますが、汎用ムーブメントの純正パーツの供給が減ってきているということも理由に挙げられるかもしれません。

 

仕上げ作業はオーバーホールとは別に行われるメンテナンスでありますが、ロレックスはこれをオーバーホールに含むメーカーです。これは大変特殊なメニューで、通常は仕上げを行うとオプションとして1万円以上の費用がかかるところを、仕上げ付きの自社製ムーブメント製品という内容で設定されているロレックスのオーバーホール費用は非常にコストパフォーマンスが高いことがよくわかります。

 

ロレックスの最高レベルのアフターサービス

 

ロレックスは、2015年の7月から2年から5年に正規の保証期間を延長しました。そして、オーバーホールのコストパフォーマンスが非常に高いのが特徴です。つまり、定期的なメンテナンス料金と。故障した際の修理費用がとても安いのです。維持費のコストパフォーマンス、そして購入後の保証内容が業界の最高レベルにロレックスはあるといえるでしょう。

購入するにはとても高いというイメージが強いでしょうが、このように所有していく上では大変費用的にメリットが高いことがわかります。

 

かつては、時計修理というと、町の時計屋さんにお願いして、摩耗した部品なども転用や作成して修理してくれていたかと思います。時代は変わり、純正部品か非純正部品かということに拘る傾向が強くなっているので、パーツ交換が必要になった時点でメーカー修理になることが多くなってきています。

だからこそ、メーカー修理・メンテナンスの料金が安くあってほしいと消費者は願っていることと思います。

ロレックスは、大変良心的なメンテナンス価格、メンテナンスメニューの内容を設けてくれているメーカーです。ほかのメーカーもこれに追随していただければ、もっと幅広い方にとって高級時計が所有しやすい時代がくるのではないかと考えます。

 

ロレックスの保証期間3年間の延長という動きにともなって、ほかのメーカーの間でもアフターサービスの充実や保証期間延長の動きがみられてきているのも事実です。今後、アフターサービスが時計業界全体で充実していってくれることを願うばかりです。