ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスのコストパフォーマンスについて -オーバーホールなどメンテナンスについてー

高級時計を持つ上で、購入後どのくらいの維持費がかかるのかということを把握しておくことが重要です。初めて高級時計の購入を検討されている方にとっては、メンテナンス費用や修理費がいくらほどかかってくるのかは気になるところでしょう。

 

時計は定期的なメンテナンスが必要とされる精密機械です。しかし、車検のように法的に強制されている円手ナンスではなく自己判断でする任意的なものになるため、怠ってしまう人も多くいます。ロレックスでも3年から5年ごとにオーバーホールメンテナンスが推奨されていますが、なかなかさぼることなく行っているという人も少ないようです。

 

時計内部の修理やメンテナンスの種類について

 

時計のメンテナンスについては、主にここに挙げる3つがあります。ロレックスでも3年から5年ごとに定期的にメンテナンスを受けるように推奨されています。

時計メンテナンスには、分解して掃除を行うオーバーホール、タイミング調整、電池交換があります。  

 

電池交換については、クォーツ時計に限られますので、自動巻きや手動巻きの機械式時計をお持ちでしたら、オーバーホールとタイミング調整が主な修理内容となってくるでしょう。定期的なメンテナンスというのはオーバーホールを指し、これが維持費の中で大きな割合を占めてくることと思います。

オーバーホールについてですが、機械式時計やアナログクォーツ時計は歯車をたくさん噛み合わせて動かしていて、その軸などに磨耗を防ぐオイルが注入されています。そのオイルは一般的に数年でなくなりますので、オイルを定期的に注入しなければなりません。ムーブメントを分解して、パーツを洗浄し、注油をしながら組み立て直すのがオーバーホールの作業になります。

 

タイミング調整については、分解は行わずに精度の調整をします。機械式時計には制度調整のための装置がついていて、それを調整し、精度を上げる作業になります。しかし、この調整はオイルが枯渇していない、つまりオーバーホールがまだ必要でない商品にだけ行われるもので、簡易修理という側面を持っています。 

 

 

では次回、定期的に行われるメンテナンスの費用を実際に確認しながら、ロレックスの維持費のコストパフォーマンスがいかに高いかについて詳しく解説していきたいと思います。

そのヒントは、ロレックスの正規オーバーホールには、外装研磨による傷消しという仕上げサービスがついてくることです。これが、他社とは大きく違う点になります。