ロレックスのオーバーホール~日本ロレックス社に依頼するメリット~ | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスのオーバーホール~日本ロレックス社に依頼するメリット~

ロレックスをオーバーホールに出すのは、5年に1度と推奨されています。5年たってもオーバーホールに出さなければ、たとえ高性能なロレックスでも潤滑油が劣化してしまう、ゴムパッキンが乾燥してしまう、錆が発生してしまうなどで故障につながる可能性が高くなってしまいます。

面倒でも5年に一度は必ずオーバーホールに出すようにしましょう。前回のオーバーホールから3年以上たったものについては、時計が進んでいないか遅れていないかなどをよくチェックするように気を付けましょう。

 

では、ロレックスをオーバーホールに出すときに悩むのがどこに依頼すればよいのかということです。ロレックスのオーバーホールは、日本ロレックス社に依頼することもできますし、一般の時計修理業者に頼むこともできます。

ここがロレックスユーザーには悩むところで、一長一短がそれぞれにありますので、メリットやデメリットをご紹介していきたいと思います。

どこに出すか悩んでいる方はぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

ロレックスのオーバーホール~日本ロレックス社に依頼するメリット~

 

では今日はまず、日本ロレックス社に依頼するメリットについてみていきましょう。

ロレックスを日本ロレックス社に依頼する最大のメリットは、安心感です。

たくさん時計メーカーが存在する中で、日本ロレックス社はメーカーや代理店としては、最もメンテナンスやサポートに力を入れているといっても過言ではないでしょう。

 

日本ロレックス社の修理センターは、東京都江東区東陽町に設けられており、そこでは数百人の時計技術者が日々作業にあたっています。製造が中止になったモデルについても、30年以内に製造された時計のパーツが大量にストックされているといいます。

日本ロレックス社に依頼すると、時計が分解してクリーニングされ、部品交換・ケース研磨に至るなどまるで時計が新品に戻ったかのような状態でオーバーホールから戻されることになります

 

さらに、ロレックスは、偽物や改造品対策にとても力を入れているメーカーでもあります。メンテナンスを無事に完了した時計は、本物 としての証を手に入れたことにもなり、高値で売却することができるとも言えます。

オークションなどで落札したロレックスを、日本ロレックス社にオーバーホールに出して本物かどうか見分ける人が多いのもこのためです。

 

では次回は、ロレックスのオーバーホールを日本ロレックスに依頼するときのデメリットを見ていきたいと思います。