ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスのオーバーホールを怠っていませんか? 頑丈なイメージがついた理由

前回はオーバーホールの流れや手続き方法、またどのくらいの頻度でオーバーホールに出したほうが良いのかなどについてお話を進めました。

愛用しているロレックスを、何年もの間オーバーホールなどのメンテナンスなしに使い続けていくとどうなってしまうのでしょうか。なんの問題も起こらず、正常に起動しているからといって、長い間メンテナンスを怠ったまま使い続けていらっしゃいませんか。

 

いくら頑丈が売りのロレックスでも、その過信が寿命を確実に縮める結果となってしまっているのです

それでも、ロレックスは頑丈な時計、というイメージがかなり定着してしまっているので、メンテナンスをつい怠ってしまっているという人も多いでしょう。ロレックスがここまで強い時計を作っているという概念を定着させた背景にはどういったものがあるのでしょうか。

 

ロレックスが頑丈というイメージを持っている理由

 

ロレックスは壊れにいという代名詞を持つ時計です。そんな頑丈なロレックスでもメンテナンスは欠かせません。

防水性や耐久性などの面において、一般的なほかの機械式時計より優れているということは断言できます。しかし、ロレックスもほかの時計のように精密機械であることに変わりないのです

 

もちろん高給時計ながらも、壊れることがほとんどないという頑丈な実用時計というのがロレックスです。ロレックスの時計には、こういったイメージを裏付ける数々の歴史があるのも事実です。

 

例を挙げると、オイスターケースでしょうか。防水性に優れたオイスターケースはロレックスが誇る代表的な発明品です。

ほかのブランドでは、金属塊を削り出して作った部品を組み合わせる切削ケースを採用していますが、ロレックスでは金属塊をくり抜いた継ぎ目をもたないケースが採用されています。これが、ほかの腕時計と比較しても防水性が高い理由となっています。

またこの高い品質を誇るオイスターケースとあわせて、ネジ込み式のケースバックとリューズをもってくることで、その優れた防水性能を確保することに成功したのです。

 

また、ロレックスは密度の高い金属を採用することによって、ケースの強度を上げ、錆の発生しない時計を作り上げました。

切削ケースについては、鋳造後の金属表面や内部に生じる孔状の欠陥が発生してしまいますが、素材の強度を落とし磨いた時にも波打つ要因になってしまいます。それを防ぐため、プレスを繰り返して密度を高め、強度向上と、錆を抑えることにロレックスは成功しました。