ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスのオーバーホールや修理はどこに依頼すればよいのか

 

ここまで、ロレックスに起こりうるトラブルや修理費用についてご紹介していく中で、多くの場合オーバーホールが必要になってくることにお気づきいただけたでしょうか。定期的にオーバーホールに出しておくことで多くのトラブルを回避することができる可能性が高まりますが、予想外のトラブルはどうしても避けられません。いざというとき、オーバーホールはどこに依頼すればよいのか。また修理業者の選択はどうすれば正しくできるのか、今日からはこういった点を見ていきたいと思います。

 

ロレックスのオーバーホールや修理の依頼先

 

丈夫なロレックスではありますが、メンテナンスはどうしても避けられません。可能であればメンテナンス費用を少しでも抑えたいものですね。

メンテナンスをどういったところに依頼するか、またロレックスのコンディションやメンテナンスのやり方、また購入したお店によってもオーバーホールや修理にかかわる費用が違ってくるのです。できるだけ、修理費用を安く済ませたいという場合は、その時々の、ロレックスの状態に合わせてメンテナンスを変えていくと、少しでも費用が抑えられるかと思います。

 

メンテナンスをまずはどこに依頼するかについてですが、選択肢は多くあります。日本ロレックスのサービスセンターへのメーカー依頼の他、正規販売店や並行輸入店などの購入店、また一般的な時計の修理業者など、大別すると3つの依頼先が挙げられます。

 

それぞれの業者にメリットやデメリットがありますので、腕時計のコンディションや必要になる修理によってその都度上手に依頼先を使い分けると、費用を抑えることは可能になっています。

しかし、いつでも最も重要なことは、メーカーへ依頼する以外の場合、購入店や修理業者などについては本当に信頼のおける依頼先であるかどうかを確認しておくことです。絶対的な安心感を最優先に考えたいという人は、メーカーに依頼するのが無難でしょう。

 

もともとロレックスを購入したお店によっては、アフターサービス保証がついているでしょう。故意的な故障でなければ、保証内容によっては無料でケアしてもらえる場合もあるかもしれません。いずれにせよ、相談してみるのもよいかもしれません。見積もりがとれるようでしたら、いくつかの依頼先を回って条件と費用を照らし合わせながら検討するのもよいでしょう。しかし状態によっては、分解して実際に調べてみないと原因がわからないこともありますので、見積もりだけというのは難しい場合もあります。

ではそれぞれの業者に依頼した際のメリットや特徴について次回ご紹介していきたいと思います。