ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスのオーバーホールは何年に一度行えばよい?

ロレックスの時計は、高性能を誇りますが、例え信頼性抜群のロレックスであっても機械式時計である以上、定期的にオーバーホールに出すことが必要になります。

 

時計のオーバーホールとは、時計屋さんや修理屋さん、またメーカーに直接依頼し、時計を分解して洗浄、組み立て、必要であればパーツの交換や注油、調整などを行ってもらうことです。いわば車でいう車検でしょう。

機械式時計は精密機械であり、車と同じようなものですので、こうした点検を行わなければ、どれだけ大切に使っていても、どれだけ高い性能を誇るモデルを購入したとしても、いつか不具合が生じてしまうものです。潤滑油が乾燥することによって部品が摩耗してしまったり、防水のためのパッキンが乾燥すると防水性能が確保できなくなったりします。こうしたことを事前に防ぐために、オーバーホールが必要になります。

 

では、定期的と言いますが、オーバーホールは何年に一度必要になるのでしょうか。

 

ロレックスのオーバーホールは何年に一度行えばよい?

 

時計のオーバーホールは定期的に必要と言われています。費用が掛かるから、面倒だからという理由でオーバーホールを怠ってしまうと、故障につながり、結局修理やパーツ交換などにオーバーホール以上のお金がかかってしまうことになります。

未然に故障などを防ぐためにも、定期的にオーバーホールに出しましょう。

 

オーバーホールは車検のように義務付けられたものではありませんので、自主的に依頼することになります。その期間については、人によって意見が分かれるかもしれません。3年に1度という場合もありますし、5年に1度、または進んだり遅れたり精度に不具合が見られるようになったらなどという人もいるかもしれません。

修理業者では、3年に1度オーバーホールに出すことを推奨しているところが多いようです。これは、定期健診をおすすめする意味合いから設けられた機関でもあります。

ロレックスでは、ここ最近のモデルの潤滑油の性能が非常に高くなっているので、5年に1度が目安として設定されています。

 

止まるまでオーバーホールに出さなくてよいという場合もありますが、これは全くの間違いです。止まるまでオーバーホールに出さないと、これは完全に手遅れになります。潤滑油が劣化してしまうと各部品に負荷がかかってしまい、最悪の場合は修理も不可能という事態になってしまうかもしれません。

たとえ高性能のロレックスでも、3年から5年に一度は必ずオーバーホールに出しましょう。