ロレックスのオーバーホールはいつ行うべき? | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスのオーバーホールはいつ行うべき?

ロレックスは精密な機械式時計を売りにした高級腕時計であるため、長く使い続けるのであればしっかりとオーバーホールをして行くことが重要になります。
ではオーバーホールはいつごろ行うべきなのかというと、目安となるのは3〜5年という時間です。
機械式時計に使われている部品がこれくらいの短期間で壊れるというわけではないのですが、機械式時計はそのパーツを円滑に動かすために潤滑油を注入しています。
この潤滑油は自然に劣化するものであり、あまり長期間使い続けると部品に負荷がかかるようになってしまって結局時計そのものが壊れるということがあり得てしまうのです。
尤も、最近の潤滑油はかなり性能が高くなってきていますから3年ごとにオーバーホールをするべきという声は少なくなってきていますが、それでも5年に1度は点検を行い必要に応じて潤滑油の再注入などの作業をした方が良いという時計職人は多くいます。
さて、ただロレックスのオーバーホールというのはそれなりにお金もかかることになりますから、なるべくその回数は減らしたいという意見を持つ人も多いでしょう。
そうした人にお勧め出来るのが「誤差が大きくなったらオーバーホールに出す」という考え方です。
機械式時計はかなり優れた精度を持っているとは言え、やはり誤差というのは生まれてしまいます。
その誤差を毎日確認して行く中で明らかに遅れるようになったなどのことであれば、それはそろそろメンテナンスの時期だという合図です。
ちなみに「動かなくなってからでもいいのでは」と考えるのはむしろ修理費が高くなるだけですから、費用負担を減らしたいのであればこそオーバーホールは積極的に行いましょう。
  • タグ:
  • オーバーホール
  • ロレックス