ロレックスのエクスプローラーⅡ 偽物との見極めポイント その4 | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスのエクスプローラーⅡ 偽物との見極めポイント その4

ロレックスのエクスプローラーⅡの偽物の見分け方を見てきましたが、本物と見比べてみるとその違いは明白です。すべてのつくりが雑で、バランスが取れていないのが偽物の特徴です。

特に王冠マークやロレックスのブランド名ROLEXのプリントも雑なバランスとプリント具合になっています。シャープな線で描かれている本物と違って、インクがにじんでいたり、はみ出してしまっているものも見られるのが偽物の特徴でしょう。

一流の時計職人の手によって、ひとつひとつ丁寧に丹精込めて作られているロレックスの本物は、美しい線で描かれています。

ほかにも書体というところで見ると、PERPETUALという文字がエクスプローラーⅡにはありますが、本物が明朝体であるのに対し、ゴシック体になっているなど偽物は完全にコピーできていません。

明朝体のとめのところのヒゲパーツなどが偽物にはないのですぐに見てわかるかと思います。

 

ロレックスのエクスプローラー 偽物との見極めポイント その4

 

ロレックスのエクスプローラーⅡの文字盤に注目してみると、描かれている文字にはエッジがきいています。文字盤を囲むベゼルに注目するとよりわかりやすいかと思います。ルーペなどで観察できる環境があるとわかりやすいでしょうか。

 

本物のロレックスエクスプローラーⅡの数字は、カーブが深い線で描かれていて、エッジがきいているのが特徴です。一方で、偽物はゆるやかなカーブになっていて、線がシャープな印象ではありません

全体的にぼんやりしていて、はっきりとしたメリハリがついていないので、日ごろから本物をよく観察している人には違和感を感じる方もいらっしゃるかと思います。

手作業で彫られるロレックスの文字には、熟練の職人技術が求められます。世界有数の技術をもったプロの職人だからこそ作り出せる書体になっているので、偽物を製造しているような職人にはここまで細かいところを真似できないのでしょう。

 

ほかにも、ベゼルのふちのところを見てみても見極めが可能です。本物のロレックスエクスプローラーⅡは、ふちのところがきれいに面取りされています。面取りとはちなみに、角をそぎとってスムーズにすることです。

本物がきれいに面取りされている一方で、偽物の流通しているものの多くは面取りがされていません。本物は面取りされているので、立体的で、堂々として雰囲気がありますね。細部にまでこだわって加工されているのがよくわかると覆います。

 

偽物はこまかいところにあらが出ていますので、本物との違いが出てきます。一見みただけではわからない違いでも、しっかりと観察してみると結構わかるものなのです。