ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスのお手入れ方法 メガネクリーナの効果と取りにくいパーツの汚れの掃除方法

ロレックスのお手入れ方法について、しつこい汚れや何年も掃除せずにそのままにしておいて凝固してしまった汚れについての対策方法を前回ご紹介しました。

万が一腐食や錆が進行していると判断できる場合は、プロにお願いするためすぐにオーバーホールに持っていくようにしましょう。

 

基本的にはセーム皮やマイクロファイバークロスを使って丁寧にふき取ってあげることで汚れを取り除くことができますが、しつこい汚れの場合は爪楊枝や歯ブラシが便利です。

また、風防などに付いたしつこい脂汚れについてはメガネクリーナーが効果的です。風防は気を付けていても、どうしても汗や脂などがすぐ付着してしまう部分になります。少しの汚れであれば、クロスやセーム革、ティッシュなどで拭き取ってあげると効果がでますが、力を入れすぎると傷がつきやすい部分にもなるので注意です。お手入れの際は、優しく円を描くように磨いてあげるのがコツです。落ちにくい汚れや、視認性を下げてしまうようなしつこい汚れは市販のメガネクリーナーを使いましょう。メガネクリーナーで磨くときれいになるばかりでなく、その後の汚れを防止してくれる効果も期待できます。

 

今日は汚れが取りにくいパーツについてのお掃除方法を見ていくことにしましょう。

 

取りにくいパーツの汚れの掃除方法

 

汚れが取り除きにくい部分については、綿棒と爪楊枝が活躍してくれます

 

ケースにブレスレットをつなげるための接合部分のラグについては、裏にしつこい汚れが入り込んでしまうことが多くあります。ここの汚れは、綿棒を使うと効果的です。可動部は動かしながら掃除するとやりやすいでしょう。プッシュポタンやリューズの隙間など、クロスやセーム革などではなかなか届かないところは綿棒をつかって丁寧に汚れを除去しましょう。

ケースとブレスレットの接続部のエンドピースは、動かして綿棒が汚れに届きやすくしながら掃除すると汚れがきれいにとれます。しかし力任せにしてしまうと故障の原因になるので、気をつけてください。

 

時計の構造は大変複雑となっているので、綿棒でも届かないパーツも中にはあります。さらに細かいところを掃除するには、爪楊枝で汚れをかき出すのが効果的でしょう。カッターなどで先端を削っておくと、隙間の奥のほうまで入り込んでくれるので便利です。

プッシュボタンやリューズの根元は、綿棒でも汚れが残ってしまうので、爪楊枝を使って御手入れしてあげましょう。ブレスレットの裏側部分のくぼみや穴にもごみがたまっているので、爪楊枝を使ってかき出してみてください。裏蓋の窪みについても意識的に見てみましょう。