ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスのお手入れ方法 ゼンマイの巻き上げ方と注意点

今日からは、ロレックスのお手入れ方法についてお話していくことにしましょう。今日はまず、ロレックスのゼンマイの巻き上げ方法についてのご紹介です。

 

ゼンマイの巻き上げ方法

 

ゼンマイは、ロレックスの時計を動かすために重要なパーツとなります。正しく巻き上げないと、ロレックスを故障させてしまうことにもなりかねません。また、同じく時刻合わせや日付合わせにも気を付けていただきたいポイントがあります。

簡単なことでありますので、しっかり把握し正しい使い方で、大切なロレックスを愛用していただきたいと思います。

 

時計のゼンマイは、負荷がかかりすぎると切れてしまいます。リューズを回し、フルで巻き上げてしまうとそれ以上巻き上げることができないかと思いますが、力任せにそれ以上回して巻いてしまうと故障してしまいます。

自動巻きのモデルについては、人の動きでローターが回転してゼンマイの巻き上げが行われています。そのために、巻き過ぎるのを防ぐ機械がほとんどに搭載されていますが、やりすぎには気を付けましょう。

 

また1日のうちに何回も手巻きを行わないよう注意しましょう。パーペチュアルは手巻きも可能なため、ゼンマイ巻きの際は時計を振り回すようにするのではなく、2回から3回、手で巻き上げてから腕に装着しましょう。

1日に何回も手巻きを行ってしまうと、常にゼンマイが小さく絞り込まれている状態となってしまっているということです。それでは徐々に負荷がかかってしまい、ゼンマイが結果的に切れてしまうこともあります。手巻きは1日1回と心がけ、毎朝1回だけ巻くようにしましょう。

 

ではここで、ゼンマイを切ってしまわないように正しいやり方をご紹介します。

まずは、リューズを指先で持ち、時計回りにゆっくり巻きます。それから反時計回り、また時計回りに巻き上げ逆回しでゼンマイきれを防ぎましょう。

 

時刻と日付け合わせについては、日付表示が翌日に動き出す時間帯に注意をしてください。通常午後8時頃から深夜2時ごろにゆっくり翌日へと動いていきます。この間に時刻や日付を合わせると、ムーブメントへかかる負荷が世bンとなり、日付表示がずれるなどの問題が生じます

 

デイトジャストなどの瞬時に日付がかわるものは、午後11時頃から深夜0時過ぎまでの時間帯に気を付けてください。日付が変わるのは一瞬でも、早送りのギアは少し前から変わり始めていますので、この時間帯に操作してしまうと故障を引き起こしてしまいます。