ロレックスのお手入れ ブレスレットの丸洗い方法 | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスのお手入れ ブレスレットの丸洗い方法

ロレックスのブレスレットを最もきれいに保つ方法として、ブレスレットをケースから取り外して丸洗いする方法が最善であると前回お話しました。

ケースから切り離すのに必要となるバネ棒外しの使い方をご紹介しましたが、では実際にブレスレットはどのようにして丸洗いするのか今日は詳しくお話していきましょう。

 

 

ブレスレットの洗い方

 

ブレスレットをケースから取り外すことができたら、水気はもう気にしなくてよくなります。丸洗いのやり方は簡単です。

洗面器に水またはぬるま湯をためましょう。洗剤は、中性洗剤を水に薄めた液を作っておくと便利です。食器洗い用の洗剤も使えますが、特殊なものは成分に気を付けましょう。

 

使い古した柔らかい歯ブラシを使って、汚れや脂分を優しく丁寧におとしていきます。

まず洗剤をつけて磨いていきます。コマとコマの間は黒ずみやすくなっているので、隙間に毛先を入れるようにして磨いていきます。バックルの角や溝の部分にも汚れがたまりやすいのでブラシできれいにこそぎとりましょう。汚れがこびりついているような時には爪楊枝が効果的です。

最後に水ですすぎ、洗剤を落とします

超音波洗浄機をお持ちであれば、それを使って洗浄していくのも効果的です。新品同様のきれいさを、簡単に取り戻すことができるでしょう。

洗い終わったら水分を残すのは厳禁です。乾いた布を使って、汚れを丁寧に優しくふき取るようにしてください。そのあと自然乾燥させることも大切です。水気を残してしまうと、そこから錆が発生してしまうので、注意が必要で¥す。

 

また、ブレスレットを外したあとのケースも、皮脂やホコリなどはクロスや歯ブラシ、爪楊枝を活用して掃除しておきましょう。肌に直接密着している裏蓋は丁寧に行ってください。

汗がついていると汚れが付着しやすくなっており、余計に汚れているのでケアを怠ってはいけません。裏蓋とケースの境目の隙間も、ほこりやゴミがたまっているので注意です。

 

以上のように、ロレックスの時計でもブレスレットやケースなど外観に大きく影響を与える部分はそのままにしてしまうと、美しく見えないだけでなく、錆や動作不良にもつながってしまいます

せっかく装着感抜群のものを選んでも、ブレスレットがさびてしまうと着け心地は低下してしまいます。

 

錆や動作不良に陥ってしまうと、修理やオーバーホールが必要となり、余計なコストがかかってしまいます。日ごろから気になる汚れはお手入れをしておくと、こういったことも防げますので、面倒でも怠らずにお手入れしましょう。