ロレックスのお手入れ パーツ別の拭き方 ~風防・エンドピース~ | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスのお手入れ パーツ別の拭き方 ~風防・エンドピース~

ロレックスの日々のお手入れについて前回よりご紹介しています。ロレックスは、いかなる素材のものであっても、日々のお手入れを欠かさず、長く大切に愛用できるようにしましょう。それが、また定期的なオーバーホールにおける費用を抑える結果にもつながります。

ロレックスは身に着ける度、セーム皮やマイクロファイバークロスを使って丁寧に汚れをふき取るようにしましょう。日常的なお手入れはこれだけで十分です。汚れや皮脂、ほこりなどをそのままにしてしまうと、錆や腐食の原因を招いてしまいます。

 

タオルや普通の布などを使うと、水気を吸い手軽で便利ではありますが、パイプ状の繊維がリューズやボタンなどのケース突起部に引っかかってしまうので避けた方がよいかもしれません。

引っかかったまま負荷がかかってしまうと、リューズなどのパーツが欠けたり曲がったりしてしまう可能性があるので注意しましょう。セーム皮やマイクロファイバークロスは、時計のクリーニング専用に作られたものですので、ロレックスを拭き掃除するときにはできればこういったものを利用することをおすすめします。

 

では各パーツの詳しい拭き方を見ていきましょう。

 

ロレックス パーツ別拭き方

 

風防についてですが、ここは時刻の読み取りや、見た目の印象に大きな影響があるので、いつもきれいに保っておきたいところですね。専用のクロスを使って風防面を軽くふいていくのが基本ですが、仕上げにはマルを描くように拭きましょう。そうすると磨いた跡が残りません。表面がコーティングされているため、風防に関しては専用のクロスで軽く拭きあげれば付着している汗や皮脂を簡単に落とすことができます。

 

気を付けたいのは、水気が内部に入らないようにするということです。そのため必ず乾いたクロスを使いましょう。傷がつかないように、ほこりやゴミがクロスについていないかも先に確認しておいた方がよいかもしれません。

風防に万が一曇りがあったり、水滴がついている場合は、水分が内側に入ってしまっています。大きなトラブルになる可能性がありますので、その場合はすぐに修理に出しましょう。

 

ケースとブレスレットを接続しているエンドピースは、腕と直接接触していますので、汚れが特にたまりやすいパーツです。クロスで拭くときはゴミを吐き出す感じで入念に行いましょう。

 

次回も引き続き、パーツ別のロレックスの拭き方を詳しくご紹介していきたいと思います。