ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスに起こりうるトラブルと自己対策 ~リューズ~

ここまで、ロレックスのオーバーホールの必要性についてお話してきましたが、万が一大切なロレックスの時計に何かトラブルが起きてしまったら、正しい判断ができるように日ごろから知識を身に着けておくことが大切です。

 

修理費も高くなるロレックスですから、もし自分で解決できる程度のトラブルであれば自分で済ませてしまいたいものです。ロレックスに発生しうるトラブルの中には、自分で解決してしまえるものと、業者に依頼しなければならないことがあります。

今日からはロレックスに起こりうる様々なトラブルと、その解決策について考えていきたいと思います。

 

ロレックスに起こりうるトラブル

 

長い間愛用していける丈夫なロレックスといえども、日々使い続けていると思わぬトラブルが発生してしまうという可能性も十分にあり得ます。そのため、日々メンテナンスをしっかりと行っておくことや、定期的なオーバーホールを怠らないことが何よりも大切になってきます。しかし、そういったメンテナンスを行っていても、精密機械には何が起こるかわかりません。

トラブルが起こった場合、自分で解決できるものか、修理に出さなければならないものなのか、しっかり判断できるようにしたいものです。

 

では早速、各パーツに発生する可能性があるトラブルについてご紹介していくことにしましょう。自分で修理することができるのか、業者に依頼しなければならないのかの判断材料にしていただければ幸いです。ロレックスの修理には時間や手間、費用もかかるので自分でできる範囲内であれば、ぜひ行ってみてください。

 

まず、リューズに起こり得るトラブルですが、リューズが閉まらないということがあります。リューズが閉まらなくなっている場合は、根本やねじ山のあたりに砂やごみ、小石などがたまってしまっている可能性があります。こういった汚れがたまっている場合は、リューズが閉まらなくなってしまっているので、歯ブラシやつまようじなどを使って、汚れを取り出すようにしましょう。文字盤側、そしてケース裏側や側面など、あらゆる角度から、ブラッシングを丁寧に行うようにしましょう。

 

それでもリューズが閉まらない場合は、修理業者へ依頼が必要になるかもしれません。掃除をしても治らない場合は、磨り減ったねじ山が原因となってしまっていることが考えられます。開放とねじ込みを繰り返すことで、ねじ山は磨耗してしまうのが一般的です。摩耗が進んで、凹凸が小さくなってしまうと、リューズが閉まらないこともあります。また、ネジ山のサビが原因であることも考えられます。