ロレックスに起こりうるトラブルと自己対策 ~風防~ | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスに起こりうるトラブルと自己対策 ~風防~

ここまでロレックスの腕時計にトラブルが発生した場合の対処方法として、パーツ別に自宅で修理できるものかどうかの判断基準と、自分で修理できる場合の方法についてご紹介してきました。

 

前回、ブレスレットやバックルについてお話しました。デイトナサブマリーナエクスプローラーIなどの現行モデルは厚いバックルが採用されていますが、バックルが厚い場合は硬いので、素手で自分で修理するのは少々難しいといえるでしょう。無理はせず、そういった場合は修理業者に依頼するようにしましょう。

 

ロレックスに起こりうるトラブル

 

では今日は風防についてですが、風防のトラブルとして最も多いのが、表面に傷がついてしまうという問題です。風防に傷がついたことがわかったらまずは素材を確認しましょう。

風防素材が、サファイアクリスタルか、プラスチックなのかによって対処方法が変わってきます。現行モデルも中古モデルも、ロレックスの時計はすべてサファイアクリスタル製となっています。アンティークモデルにはプラスチック製のものがあります。

 

プラスチック製の風防であれば、自宅で傷を消すことができるかもしれません。これはあくまで傷が浅い場合についてですが、市販されている研磨剤などをクロスに塗って磨けば、傷が消える鹿上氏があります。

研磨剤は少しだけクロスに付けましょう。つけすぎてしまうと、研磨剤のようになってしまい、逆に風防を傷つけてしまう原因となります。慎重にゆっくり、優しく磨くことがポイントです。

つまむようにクロスをもって、傷が付いたところだけを重点的に行うのではなく、全体をまんべんなく磨いていきましょう。

プラスチック製の風防の場合も、ヒビや割れなど、深い傷の場合はサファイアクリスタルと同じく交換が必要になる可能性があるので、自宅で無理に処理せず、修理に出すようにしましょう。

 

サファイアクリスタル風防のモデルについては、キズの度合いに関係なく、交換しなければなりません。サファイアクリスタルは、ダイヤモンドに次ぐ硬度を誇りますが、落下など強い衝撃によっては傷がついてしまうこともあります。サファイアクリスタルは、硬度が高いがために研磨で傷を消すことなどが不可能であることから、程度に関係なく、風防ごと傷がついた場合は交換が必要になるのです。

 

傷が浅いので、そのまま修理に出さずに使うということも可能ですが、万が一傷が深いともう一度衝撃が加わった場合に、そこから風防が割れてしまう可能性もあります。内側の損傷にまで影響が及ぶので、できればどの程度の傷でも早めに修理業者にもっていきましょう。