ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスに起こりうるトラブルと自己対策 ~ブレスレット・バックル~

ロレックスのケースに傷がついてしまった場合は、傷が浅ければ専用のクリーニング材をクロスに着けて磨いてみましょう。クリーニング材は少量のみ使いましょう。多くつけすぎると、ケースを磨きすぎて研磨剤のようになってしまうので注意してください。傷がある個所のみを磨いて、一定の方向に動かすときれいに傷が消えるでしょう。

 

ケースについた傷が深い場合は、無理に自分で行わず、修理業者へ依頼しましょう。下地処理・研磨・仕上げと、丁寧に傷の修正をおこない、新品に近い状態に戻してくれるはずです。しかし、何度も研磨を繰り返し、ケースが全体的に痩せてしまうようであれば、防水性に影響が出てくるので、ケースごと交換しなければならない可能性もあります。

衝撃などには注意しながら、ロレックスを身に着けることが大切です。

 

ロレックスに起こりうるトラブル

 

では、今日はブレスレットから見ていきましょう。ブレスレットのバックルのピンが抜けてしまった場合は、緩んでいるパイプの口を工具で閉めると改善する場合がほとんどです。

ブレスレットのコマやバックルを繋ぐ役割をしているピンは、時計を長い間使っていると抜けてしまうことがあります。ピンの先端が片側に飛び出してしまうと、中板同士の接続が緩んでしまい、外れるということがあります。

 

ピンを止めているパイプの口が緩んでしまっているのを、ペンチで閉め対処しましょう。自分で修理できなくもありませんが、ブレスレットの修理に関してはパーツを傷つけてしまうこともあるので心配な場合は修理業者へ依頼するとよいのではないでしょうか。

 

自分で修理する詳しい方法としては、広がったパイプの口をペンチで適切なサイズに閉め、バックルに傷がつかないようにできれば専用の工具を使って、トンカチで一気にピンを押し込むようにすることです。

 

バックルが曲がってしまった場合は、厚みによって自分で修理できるかが決まるのでまずはバックルの厚みを見てみてください。バックルが緩むのは、外側から圧力がかかることが原因です。新しいタイプは厚みがあるので業者に依頼が必要ですが、旧型の薄いものであれば、自分で修理することができます

 

旧型の薄いバックルは、曲がった方向を確認し、中板の両端をもって少しずつ圧力を加えながら正しい向きに力をかけながら戻していきましょう。手首を固定し腕全体を使うことで、調整しやすくなります。一気に勢いをつけてやると曲がりすぎるので注意してください。