ロレックスに起こりうるトラブルと自己対策 ~針・ベゼル~ | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスに起こりうるトラブルと自己対策 ~針・ベゼル~

ロレックスは頑丈といえども、メンテナンスやオーバーホールを定期的に行わなければなりません。しかし、しっかりとメンテナンスしていても故障してしまうのが精密機械です。

前回から、ロレックスにトラブルが起こった際に自分で対処できるもの、修理業者へ依頼しないといけないものを判別できるよう解説を進めています。リューズについてご紹介しましたが、リューズが閉まらない場合で掃除で済むものは自宅でお手入れを行いましょう。それでも閉まらない場合は、修理業者へ依頼しなければならなくなります。

また、リューズが空回りする場合も修理業者へ依頼する必要があります。部品同士がかみ合っていない可能性があり、内部のギアの歯が欠けていたり、シャフトが破損している、ゼンマイが切れているといったことが考えられます。シャフトにひびがはいると、他機構に動力が伝わらないので空回りしてしまっているのです。破損した部品の交換が必要になるので、壊れたパーツの破片をさがし、回収しておくことも大切です。密閉袋などに入れて置き、破片をなくしてしまわないよう注意しましょう。

 

ロレックスに起こり得るトラブル

 

では今日は針のトラブルについてみていきましょう。針が逆に動いてしまう場合は、リューズを回転させてみましょう。 空回りしてしまうようなら、ぜんまいキレの可能性があります。ぜんまいは消耗品ですので、長年同じものを使っていると金属疲労によって切れてしまいます。一度切れると元に戻らないので、新しく交換が必要になります。また、針が緩んでいるだけであれば、部品の再調整で修理が可能です。

 

次に、ベゼルのトラブルですが、回転ベゼルが動かしにくい場合は、ケースとの間に入ってしまっているごみを除去することで改善するでしょう。回転ベゼルが動かしにくいというトラブルは、ロレックスの動作不良の中でもよく発生するといわれます。回転ベゼルとケースの間に汚れがたまって動かしにくくなってしまっているのです。

たいていの場合、汚れを掻き出すことで解決できます。ベゼルを軽く押さえ、内部のゴミを掃き出すように、ベゼルとゆっくりと回転させていきましょう。力を入れすぎないように注意し、ある程度ごみが出てこれば改善するはずです。

歯ブラシやつまようじを使って、ベゼルとケースの隙間を丁寧に掃除しておくとより効果的です。

 

隙間のごみを取り除いてもベゼルの回転具合が改善しない場合は、修理業者への依頼が必要になります。