ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスでもオーバーホールを行わなければいけない理由

ロレックスは、たとえ外見上問題が見当たらなくとも、内部では経年劣化による摩耗が確実に発生しています。何が不具合が実際に発生した時点では、通常のオーバーホールだけでは修理が足りないほど機械内部にダメージが生じてしまっているということもありますので注意してください。

 

では今日は、頑丈なロレックスでも定期的にオーバーホールを必要とする理由について詳しく解説したいと思います。

 

ロレックスにもオーバーホールを行う理由

 

ロレックスの代表的なモデルでもある機械式時計については、オーバーホールは3年から4年のスパンで行うことが推奨されています。オーバーホールを怠ってしまうと、精度の劣化がみられるだけでなく、故障を引き起こす原因をたくさん作りだしてしまうことになります。

 

では具体的にオーバーホールを受けなければならない理由についてですが、外観ではみることができない、時計内部の故障や破損を確認するため、消耗部品を交換して大きな破損事故を予防するため、 内部を洗浄し新しいオイルを刺してムーブメントを新しい状態に戻すため、精度や防水性の試験を行い機能を維持させるため、そしてケースやブレスレットを洗い、研磨紙、美しい状態の外観へと戻すためです

 

ロレックスは一生もの、といわれますが、それはこういったオーバーホールを受けてメンテナンスを行ってこそのことであります。定期的に、修理業者へオーバーホールを依頼することで、ロレックスを一生ものの時計として使い続けることができるのです。

 

ちなみにオーバーホールをせずにロレックスを使い続けてしまうと、確実に寿命は縮まってしまいます。特に問題ないからと言って、オーバーホールを怠ってしまうことは、ロレックスへの過信と言えます。

 

では実際にロレックスでもオーバーホールに出していないとどういったことが起こってしまうのでしょう。

オーバーホールに出していないロレックスは、いくらロレックスといえども気密性が確保できなくなってしまいます。ケースバックやリューズに気密性を維持するためのゴムパッキンが使われていますが、2~3年に一度は弾性を確保するため交換が求められます。弾性を失ったままのパッキンを使い続けると、時計内に水が浸入してしまいます。

 

またチリやほこりがたまりやすい細かい部分など、普段自分では手の届かないパーツの汚れをそのままにしておくことにもなりますので、こういったことが錆を発生させる原因にもなります。

 

どんなに丁寧に使っているロレックスでも、オーバーホールをきちんと受け、一生ものの時計として大切にしていけるようにしましょう。