ロレックスが時計業界のトップに君臨する理由ー三大発明ー | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスが時計業界のトップに君臨する理由ー三大発明ー

ロレックスは時計業界の王様的存在であります。なぜ時計業界のトップに君臨するブランドになり、長年その地位を確立することができているのでしょう。時計に興味がない人でも、ロレックスを知らないという人は世界中を捜してもまずいないのではないでしょうか。

 

ロレックスは、なぜ、どのようにして時計業界のトップへと上り詰めたのでしょうか。この問題を紐解いていくにあたって、ロレックスがもたらした偉大なる鉱石と言われる3大発明の解説が不可欠でしょう。

 

 

ロレックスが成し遂げた3大発明

 

ロレックスには、3大発明と言われる画期的な3つの発明品があります。オイスターケース、パーペチュアル、デイトジャストがそれに当たります。これら3つの発明をもって、ロレックスは現在の時計業界での地位を確立してきたといっても過言ではありません。

 

オイスターケースとは、牡蠣のように硬く閉ざされたケースで、非常に高く優れた防水性能をもったケースのことです。

パーペチュアルは、自動巻き機構を意味し、身に着けている限り、永遠に止まることのない気候です。

デイトジャストは、日付を一瞬にして切り替える機能です。日付はデイトジャストが開発されるまで何時間かかけて切り替えを行っていましたが、デイトジャスト機能は午前0時付近になると、一瞬で日付が切り替わる仕組みになっています 

 

これらは、今となっては当たり前の実用敵機能となっています。しかし、これらを当たり前の存在にしたことに、ロレックスが行ってきた功績の偉大さがあるのではないでしょうか。実用性を追求してきたメーカーは決してロレックスだけではありませんが、ロレックスほどに実用性にこだわり、実際に普及していく構造を作り上げたメーカーはほかにはなかったと断言することができます。それほどまでに、ロレックスが時計業界に残してきた貢献度が大きかったのです。

 

実用機能が高く評価され、時計業界のトップメーカーとしての地位を確立していくロレックスですが、その中でも全回転式ローター式の自動巻き機構を採用したことが最も評価される歴史的偉業だといわれています。

世界で初めて自動巻きの腕時計で,実用性の高かったのは、イギリスのジョン・ハーウッドが発明した半回転式ローター式というものでした。ロレックスが開発したこの全回転式ローター式の自動巻機構は、それより優れた巻上効率を持ち、現在の腕時計界のスタンダードを築き上げました