ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスが時計メーカーとしてまだ認められていなかった時代から、ドーバー海峡横断の偉業を成し遂げ名声をつかむまで

ロレックスは、究極の信頼性と実用性を約束してくれる時計メーカーです。しかし、そこに上り詰めるまでに数々の試練があり、挑戦を乗り越えてそれを証明してきたということをご存知でしょうか。

ロレックスは世界的に偉業と言われる記録を達成したそばにいつもいる時計でした。極限の環境の中でも、他に類を見ない高い精度を耐久性を発揮し、数々の功績をサポートしてきました。

そんなロレックスの、時計として認められなかった時代から、歴史に残るドーバー海峡を渡ったお話を御紹介しましょう。

 

ロレックスが認められなかった時代

 

ロレックスは、ブランド力があり、数量限定のものもあることから、世界的に高級モデルとして今は認知されています。しかし、今現在も中古市場には、ロレックスのダブルネームモデルがあります。

ロレックスのファンでもあまりこのメーカーの創世期については御存知ないかもしれません。この時代、ほとんどのロレックス時計はダブルネームで造られていました。

ダブルネームというより、受注生産を受けていたと言う方が正しいのかもしれません。宝石店、洋品店、時計店のブランドショップの時計を作っていたロレックスは、かつてはさほど尊い時計メーカーとして一目置かれていなかった時代もあったのだということです。

しかし、時代の流れと共にイギリスのモールトン侯爵など、一部の権力ある顧客から注文を受けるようになり、経営が安定し始めると、それを資金源にオイスターケースを開発し、ロレックスは世界的に偉大なメーカーとして知られるようになりました。

 

ドーバー海峡を渡った功績

 

そしてロレックスは1927107日、時計の歴史に不動地を築く革命を起こすことになりました。

ロンドン記者のメルセデスグライツが腕時計を装着したまま、ドーバー海峡を泳ぎ切った偉業、そのそばにロレックスがいたのです。所要時間の15時間15の間、時計にとっては長すぎる防水時間に、世界で初めての防水時計となるロレックスのオイスターは耐え抜き、時計の歴史を塗り替える偉業を達成したのでした。

 

そこにいた記者たちは皆、メルセデスグライツが泳ぎ切ったということだけでなく、彼女の腕につけられたロレックスが何の不具合もなく動き続けていたことに驚きを隠せなかったことでしょう。そして、防水時計ロレックスという感動を世界に発表し、ロレックスの完全防水という高い性能が世界中に知られることになったのでした

これが、ロレックスの信頼性と実用性をがっちりとつかんだ歴史的出来事となりました。