ロレックスが採用する超高品質・高級ステンレス 904Lとは? | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスが採用する超高品質・高級ステンレス 904Lとは?

ロレックスは、ほかのメーカーの上を行く超高品質・高級ステンレス素材を採用しています。

時計業界では、一般的に304と316Lというステンレス素材が主流として採用されています。私たちの身近にあるキッチンでいうとシンクや窓枠にも304ステンレス素材は使われています。それと同じ種類のステンレスを時計にも広く使っているのです。

しかし、スイスが起こる名門一流メーカーでは、より耐久性にすぐれた316Lという高級ステンレスを主に採用しているところもあります。316Lは、304にモリブデンという物質を加えた素材で、炭素量を減らしてバージョンアップさせたものになります。つまり、304より錆びない素材が316Lです。時計業界以外では、メスなど医療用品に採用されている品質の高いステンレス素材です。

 

ロレックスはステンレス904Lを採用している

 

そしてそんな316Lよりさらに耐蝕性の高い超高級ステンレス使っているのが、ロレックスです。その名も904Lです。時計の外装素材にこの904Lが採用されることは、ほかのメーカーではめったにありません。904Lのステンレスは、今やロレックスの特徴・魅力の一つともなっています。

 

本来この904Lステンレスは、化学産業分野で使われていました。ステンレスの一種でありながら、鉄の配分を50%にまで落としたものになり、ステンレスとして定義づけられるギリギリのラインになります。その分、鉄以外の物質を多く配合することで、錆びに大変強い素材として生まれたものです。まさにスーパーステンレスの名にふさわしい品質を誇ります。

ロレックスは、このスーパーステンレスを時計業界で初めて採用したメーカーです。ロレックスは、90年代の初頭からこの904Lを採用し始めたといわれています。しかも、サブマリーナなどのダイバーズウォッチとして使用することを前提に想定されている時計だけに904Lを採用したのではなく、ロレックスが作っているモデルすべてにこれを採用しているというので驚きです。

 

 近年では、ロレックス以外のメーカーでも採用されているようですが、904Lを採用するということはどのメーカーでもできることではありません。資金力と生産本数を見込めるほどの実力があるメーカーでないと、採用することはできません。さらには、実用性を追い求め、改良していこうという精神を持つロレックスだからこそ、この904Lを採用し、質の高い製品を作り続けているのでしょう