ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスが壊れた場合の対処法とは

ロレックスはクオリティの高い素材を使用し、耐久性に優れているため、高級機械式腕時計の中ではかなり頑丈な方です。 しかし、ハードな扱いをしたり、メンテナンスを怠ってしまうと壊れてしまう場合もなくはありません。


ロレックスが壊れた場合、まずはすぐにプロに相談するようにしましょう。 時計の針が止まってしまった場合に考えられる原因ですが、潤滑油の劣化や乾燥などが考えられます。 これらが原因の場合は比較的軽度の症状ということが出来ます。


しかしこのまま放置してしまうと、パーツへのダメージが大きくなり、まったく動かなくなってしまったり、パーツを交換しないといけなくなります。 本体代金が高いということはパーツ代金も高いことをお忘れなく。 修理代金の目安ですが、安くても10,000円以上と考えたほうが良いでしょう。 これにパーツの交換代金が加わると、さらに料金は高くなってしまいます。


時間の遅れや進みが遅い場合の原因として考えられるのは、ヒゲゼンマイに異常が起きている可能性や、磁気の影響を受けている可能性もあります。 修理代金の目安としては、約3,000円からとなっています。


ヒゲゼンマイに異常がある場合は、オーバーホールが必要になるのでもっと高額になってしまいます。 ゼンマイが正常に巻けない場合は、ゼンマイが切れているか歯が破損している可能性があります。 修理代金の目安は約4,000円からです。 パーツ交換があればパーツ代金が加算されます。


  • タグ:
  • ロレックス
  • 壊れた場合