ロレックスが世に送り出した世界的発明 -デイトジャストー | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスが世に送り出した世界的発明 -デイトジャストー

ロレックスが今現在世界中で愛され、人気がある何よりもの理由は高い実用性を誇る名作を世に送り出してきたという実績からです。
ロレックスが時計史に残した功績は、人々の信頼を確実に獲得し、現在のトップ時計メーカーとしての地位を確立しました。

ロレックスが時計史を塗り替えた発明として、三大発明に数えられるオイスターケースとパーペチュアル機構をここまでご紹介してきました。オイスターケースは、高い防水性能を誇る頑丈なケースです。これによって水は時計の点滴という時計業界の常識が覆されました。パーペチュアル機構は自動巻き機構で、ぜんまいを巻き上げなくても、毎日使っていくことで時計は常に時刻を刻むことになります。これによって時計を持つ利便性が格段にあがりました。


今現在は時計界のスタンダードとなっているこれらの機構も、ロレックスがそれまでになかった革命的な発明として世に送り出したものです。これらの発明によって、腕時計の実用性は格段に上がり、腕に身につけた時計は時刻を知るという役割以上の便利さを人々にもたらしました。

今日は三大発明の残りの1つデイトジャスト機構について解説いたします。


デイトジャスト機構

腕時計を見たときに時間以外に、日付けを知ることが出来るのは、今はもう当たり前のことのようですが、この腕時計に日付け表示を搭載するというのは他でもなく、ロレックスが始めたことでした。
ロレックスの創業40周年という記念すべき年に発表されたデイトジャスト機構ですが、これは24時を境に日付が一瞬で変わる機能になります。この機構が発表されるまでは、腕時計についた日付けは、24時をさかいに、ゆっくりと時間ををかけて切り替わっていました。


腕時計の日付表示は3時位置についていることが多いですが、それは、腕時計を左手に巻く人がほとんどなのが理由だそうです。袖口からでも日付が見えるようにするためとのことで、この辺りにも実用性を重視していることがわかりますね。

ロレックスが発明した、防水、自動巻き、日付表示の三大機構。現在はすっかりスタンダードとなっていますが、全てが実用性を追い求めた素晴らしく画期的な発明でした。
ロレックスは、これらの発明もさることながらしっかり特許を取得する事で、ブランドとしての自身を世に知らしめ、トップに上り詰めてきたのです。

これらは紛れもなく、ロレックスの高い技術力、そして企業努力の賜物でしょう。