ロレックスお手入れパーツ別拭き方 ~ラグ・ブレスレット~、回転ベゼルとリューズについて | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスお手入れパーツ別拭き方 ~ラグ・ブレスレット~、回転ベゼルとリューズについて

今日も引き続きロレックスの日々のお手入れについて、パーツ別に拭き方をご紹介します。

ロレックスは、日々拭くという簡単なお手入れを欠かさず行うことで長く、大切に一生愛用していくことができる時計です。身に着けるたびに、皮脂汚れや汗、ほこりなどをきちんとふき取り、良い状態を保てるよう心がけましょう。

ロレックスの拭き掃除には、専用のクロスやセーム皮などを使いましょう。タオルやキャンバス生地などは繊維が引っかかってトラブルの原因になる可能性もあります。

 

ロレックス拭き方 パーツ別

 

ブレスレットについてですが、構造が緻密になっているため、コマの間やバックルにほこりや汚れがたまりやすくなっています。クロスを使って丁寧にふき取りましょう。少々取れにくいかもしれませんが、ここは根気よく優しくふき取りましょう。

 

ラグは、ケースにブレスレットをつないでいる接合パーツですが、そこの裏側も要注意です。時計をはめている間は常に肌に接着していますので、ラグの裏側、そしてケース裏蓋についても汚れがたまりやすくなっています。丁寧にクロスを使って磨いていきましょう。

 

リューズや回転ベゼルについては、毎回とは言いませんが、定期的には掃除を心がけていただきたいところです。リューズと回転ベゼルは可動部品のため、故障が比較的起こりやすいところになります。

その原因のほとんどが掃除を行っていることにあるとされています。故障の予防対策として、ケースとの間にたまっているほこりや砂などを、定期的に取り除いてあげることが大切です。

 

リューズや回転ベゼルのクリーニングを行っていないと、ベゼルが回転しなくなる可能性もあります。アウトドアのシーンや、海などでロレックスを使った日は、小石や砂なども入り込んでいるかもしれません。外で使った日は入念に掃除をするよう心がけてください。

 

特にリューズ・回転ベゼルとケースとの隙間は掃除しないと確実にゴミがたまっていきます。あまり目立つところではありませんので、小さな汚れには気が付きにくいところですが、注意してみておく方がよいでしょう。そのままにしてしまうと、動作不良になってしまうこともあります。

こういった細かい隙間の汚れなどについては、歯ブラシや爪楊枝などを使って傷をつけないように掃除しましょう

 

汚れのたまりが原因となってリューズが締まらない、開転ベゼルが重くなるというケースは多いですが、自分で解決できる場合もあるのです。