ロレックス GMTマスターの特徴や使い方―GMTマスターⅡとの違いー | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックス GMTマスターの特徴や使い方―GMTマスターⅡとの違いー

GMTマスターは現在GMTマスターⅡとして活躍しています。今日は先代のGMTマスターについて使い方や特徴をご紹介したいと思います。GMTマスターもまだまだ中古市場では人気が高く、その存在感はかわりません。

 

ロレックス GMTマスターの特徴や使い方―GMTマスターⅡとの違いー

 

GMTマスターは、16700モデルがその最終版です。この16700モデル以降はすべてGMTマスターⅡとなり、新しいモデルとしてリリースされています。

 

ベゼルは黒以外にも、赤、黒と赤、青などあらゆる組み合わせでバリエーションが用意されています。

GMTマスターは、長針、短針、秒針とは違う、別のGMT針という特殊な針を持っています。GMT針は長針、短針と同時に動き、GMT針のみを動かすことはできないようになっています。GMTマスターIIと違う点は、GMTマスターⅡには廃止された日付のクイックチェンジ機能がつけられたというところでしょうか。GMTマスターでは、24時間ベゼルはどちらの方向にも回転するようになっています。

 

早速その使い方についてご紹介したいと思います。

日本国内で使うときには普通の時計と同じように使います。

日本国内では、24時間ベゼルの▼を12時に合わせ、現在の時刻に合わせて通常の時計として使うことができるのです。 先述の通り、24時間の回転ベゼルはどちらにもまわるので、GMT針に回転ベゼルの▼を合わせ、数時間後にGMT針と回転ベゼルの差を読み取ることで、簡易な時間計測機能としても使うことができます。

 

海外に行った時には、時差の分だけ時間をずらします。日本を出発する前に、例えばロンドンであればロンドンの時間に時間を合わせます。ロンドンは日本より8時間夏場は遅れているので、その分時間を遅らせます。日本が現在午後2時であれば、午前6時になります。そして、時差の分だけベゼルを回転させていきます。8時間遅れているので、左に8時間分回します。これはベゼルの目盛りで8時間ですのでご注意ください。

そして現地に到着したら、GMT針と回転ベゼルから第二時間帯を読み取ることができます。ちなみに、GMT針と回転ベゼルを使用して時間を読み取ると、第二時間帯である日本の時間を読むことができるようになっています。

 

このようにして、国際社会で国と国とを飛び回る人たちは時差を知るという高い利便性を獲得することができるのです。

次回は、GMTマスターⅡについて詳しくご紹介したいと思います。