ロレックス 2008年デイデイトⅡの登場 | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックス 2008年デイデイトⅡの登場

ロレックスのデイデイトは、ステンレスモデルが存在しない、ハイクラス向けに作られた高級モデルです。

1956年に誕生して以来、ロレックスのラインナップの中でも、最高峰に位置付けられるものとして大ヒットを遂げてきました。

その歩みをここまでご紹介してきましたが、今日はその後継モデルとして作られたデイデイトⅡについてご紹介したいと思います。

 

ロレックス 2008年デイデイトⅡの登場

 

ロレックスの中でも、ハイクラス向けに作られたデイデイトは、最高峰に位置付けられるモデルであります。そんなデイデイトの後継モデルとして、2008年登場したのがデイデイトⅡです。

 

デイデイトⅡは、オリジナルとなるデイデイトと同じく、イエローゴールド・ホワイトゴールド・ピンクゴールド・プラチナの4種類の素材だけを採用した、ハイクラス向けのモデルとなっています。ステンレスモデルが用意されていないのが特徴でしょう。

 

デイデイトのケースサイズは、36ミリでありましたが、デイデイトⅡについては41ミリとサイズアップしており、かなり大きくなった印象が強いかと思います。ケースが大型化したことから、ゴールドやプラチナをより多く使うことになるため、重量感がまし、さらに存在感も大きくなったといえるでしょう。

そういった意味では、ステイタス性もアップしたといえるのではないでしょうか。

 

デイデイトの機能を引き継ぎ、サイズアップという進化を遂げた2008年登場のデイデイトⅡは、デイデイトのフォーマルな印象が強い中で、カジュアルな雰囲気も持ち合わせているのが特徴です。

ダイヤモンド・サファイア ダイヤモンド・ルビーがダイヤルに組み合わさり、華やかさも持ち合わせています。

 

デイデイトⅡは、2008年に発表され、Cal.3156を搭載したRef.218235、Ref.218238、Ref.218239、Ref.218206シリーズとして登場しました。100メートル防水を持っており、デイデイト同様プレジデントブレスレットが採用されています。またラグが鏡面仕上げで、全体的にケースが丸みを帯びているのも特徴でしょうか。それまでのデイデイトのデザインを踏襲しているものの、ケースサイズが36mmから41mmにサイズアップされたことで、視認性がアップし、高級感が大きく増しました。 8Pダイヤ+2Pバゲットカットダイヤモンドやローマインデックスという定番の組み合わせに加えて、アラビアインデックス、ローマインデックスにダイヤモンドがたくさん採用された高級感あるダイヤル、ウェーブ模様のダイヤルなど、短い生産期間の中で多くのバリエーションが発表されました。

 

ちなみに2015年バーゼルフェアにて、40ミリケースのデイデイトが登場しデイデイトⅡは生産終了となりました。