ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックス 新型デイトナ116500LN 人気急上昇中の白文字盤

ロレックスの花形モデル、デイトナが2016年新しく生まれ変わりました。それまで2000年から2016年まで長きにわたって製造されてきた116520型式に代わって登場した新世代デイトナが、116500LN型式です。

それまでの116520と性能は変わらないものの、傷に強いセラミック素材を採用した黒ベゼルが新しく追加されました。

デイトナのステンレスモデルには、黒と白の文字盤があります。好みは個人個人違いますが、これまでは圧倒的にブラック文字盤が人気でした。しかし、116500LNが昨年登場してからホワイト文字盤の人気が急激に上がってきているのです。

 

ロレックス 新型デイトナ116500LN 人気急上昇中の白文字盤

 

新しく生まれ変わったロレックス新型デイトナに2016年大きな注目が集まりました。

新品ではなかなか手に入らない品薄状態が続いているデイトナに、16年ぶりにモデルチェンジが行われたとして、ファンの間で話題となったのです。

デイトナは、新品では手に入らないほど人気なので、デイトナを入手するには並行輸入品か中古品を選ぶ方法しかないといわれています。そんなデイトナに新しい顔が加わったわけですので、時計業界全体からの注目度は相当高かったでしょう。

 

そんな新型のデイトナ116500LNが発表され、それまでと変わったデイトナへの声というのが、白文字盤に関する高評価です。これまで、デイトナというと黒文字盤が圧倒的人気でしたが、116500LNは発表されたことをきっかけに白文字盤の人気が急上昇しました。

 

ファンからも本命は、やはり白文字盤の新型デイトナという声が多く聞かれます。他にはないデザインの格好良さがファンの心を魅了しているようです。実際に、ブラック文字盤のモデルと、ホワイト文字盤のモデルを比較してみると、黒より白のほうが、新しさを感じることができるそうです

もちろんどちらがかっこいいと感じるのかは好みの問題になりますが、16年ぶりに発表されたデイトナの新しい風を感じるには、新鮮なホワイト文字盤が人気のようです。

 

実際、2016年に発売されたばかりのこのモデル、すでに白文字盤モデルは新品・中古ともに品薄状態となっているそうです。今後も市場では貴重な存在となっていることが予測されますので、さらなる高値がつけられていくでしょう。

もし白文字盤の新型デイトナを手に取る機会があれば、その魅力をじっくりと堪能していただきたいと思います。

では次回、白文字盤が黒文字盤よりかっこいいといわれる理由について迫りましょう。