ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックス ベルト交換のおすすめとバネ棒外しについて

ロレックスを長く、大切に愛用していくためのお手入れ方法や保管場所、クリーニング方法などについてお話を進めてきました。今日は、ロレックスを一生、大切に、しかも楽しみながら愛用していくためのベルト交換についてご紹介したいと思います。

 

ベルトの交換については難しいように思われるかもしれませんが、方法さえ覚えてしまえばあとは簡単です。手軽にできますので、キツくならないようにだけ注意すれば気軽に時計の衣替えなんてこともできてしまうのです。より一層ロレックスを楽しむ方法としてもぜひ覚えていただき、バリエーションにとんだロレックスの顔を見ていただきたいと思います。

 

ベルトの交換とバネ棒外しについて

 

愛用しているロレックスを、いつもとは違った素材のベルトや、違うデザインのベルトに交換するだけで、異なる雰囲気に見え、より一層楽しめるものです。ベルト交換については、どこのお店でもすぐにその場で依頼をすればやってくれますが、以前ブレスレットを丸洗いする方法をご紹介した中でケースから取り外す際に出てきたバネ棒外しという道具さえ自宅に持っていれば、どなたでも手軽にベルト交換を自分で行うことができてしまいます。

 

ちなみにバネ棒とは、ケースとベルトをつなぎあわせたり、ブレスアジャスターではブレスレットの長さ調節に使用されるスプリング内蔵の金属棒のことを指します。これは、バネが内蔵されている小さな筒状の工具です。ケースにベルトやブレスレットを取り付けるときにつかったり、尾錠をベルトに固定したりする役割を担う工具で、バネ棒外しはこのバネを伸縮させることによって、ケースやベルトなどからバネ棒を着けたり外したりするための道具になります。

バネ棒外しを使いこなすには、少々テクニックが求められますが、慣れてしまえばだれでも簡単に使いこなしていただけるでしょう。購入はプロフェッショナル向けの工具を扱っているお店や、アマゾンなどのネットでできますが、日用品取扱店にもおいていることがあります。

 

ちなみにベルトはきつく腕に巻いてしまうと、風通しが悪く汗が蒸発しにくくなってしまいますのでキツ目に巻きすぎるのは避けましょう。食い込むほどにしてしまうと、皮脂や水気などが駒の隙間や革繊維の内部まで浸透するので、さびや異臭を引き起こしてしまいます。

ベルトのジャストサイズとしては、指一本分ゆとりがあるのがおすすめです。通気性もよく、見た目にも最もきれいなサイズです、時計がずれたりもしないので、これを目安にベルトの交換を行ってみましょう。