ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックスのデイトジャスト機構

ロレックスがこれまで開発してきた名作の中で、3大発明と呼ばれるもののひとつにデイトジャストがあります。
今では腕時計のスタンダードともなっている、ダイヤルの3時方向の小さな窓にデイト機能をつけたのはロレックスが最初であったのです。
デイトジャストとは、24時を境に瞬時に日付が切り替わる機能を指します。
デイトジャスト機構は1945年に発表されました。
小窓に表示される日付が毎日、夜0時になると一瞬にして切り替わるこの機構は、ゆっくりと日付が切り替わるのが普通であった当時としては画期的なものでありました。
時針、分針、秒針、すべてがゼンマイひとつで動いている機械式時計においては、日付が記されている円盤もそのゼンマイで動いています。
そのため、円盤がゆっくりと回って日付の表示が切り替わるのが通常でありますが、ロレックスは日付の円盤にスプリングを採用することによって瞬時に日付を切り替えることに成功したのであります。
1954年には、小さな小窓に移される日付を約2.5倍の大きさでみることができるサイクロップレンズを発表しました。
高い実用性にこだわったこの発明品は、他のメーカーとの力の差を世界にアピールする出来事となりました。