ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックス シードゥエラーの購入をご検討中の方のために -本格的潜水時計―

ロレックスのシードゥエラーは、1971年に登場したモデルです。610メートルの防水仕様をもって発表されました。

見た目は代表作といわれるサブマリーナと似ていますが、デイト表示付きモデルの中でシードゥエラーは再クロップレンズを唯一備えていないため、そこで区別ができるでしょうか。これは、深く潜ったときにかかる圧に耐えるためであり、シードゥエラーが本格的な潜水を目的としたモデルであることがお分かりいただけるでしょうか。

 

ロレックス シードゥエラーの購入をご検討中の方のために -本格的潜水時計―

 

ロレックスのシードゥエラーは、潜水探査専門企業コメックスと、共同で開発されたヘリウムガスエスケープバルブが搭載されたモデルで、1980年には1220メートルの深水性能をもつまでに進化しました。

これはサブマリーナの4倍となる仕様であり、プロ向けのダイバーズウォッチとして広く知られています。

 

シードゥエラーのレアモデルとしては、Ref.1665の初期生産分にだけ見られる、SEA-DWELLER SUBMARINER 2000とダイヤルに表記されている、通称赤シードです。

 

20008年のバーゼルワールドでは、新作としてディープシーが発表され、ルーレット刻印のシードゥエラーは現在はも製造されていないので、これもまたレアモデルとしてプレミアがついてくるでしょうか。

新しいモデルが登場すると、現行モデルが手に入りにくくなる、古くなれば中古市場でもそれだけ手に入りにくくなったり、どんどん相場があがったり、というのはロレックスにおいてシードゥエラーも例外ではありません。

 

シードゥエラーディープシーについては、新しいケース構造のリングロックシステムが搭載されています。これによって、ロレックスが達成した防水性能は3900メートルにも及び、プロフェッショナル向けとしてもかなり充実した機能を持つ時計が完成しました。

ケースは43ミリ径で、その迫力もすごいものであります。

 

もちろん潜水用時計ですので、事故のないよう逆回転防止ベゼルに、セラミックスが採用されていて、ムーブメントには、耐磁素材のパラクロムでできたヒゲゼンマイを起用したCal.3135が搭載されています。

 

一般の人が4000メートル近い深水にいくことはないので、なかなかシードゥエラーやシードゥエラーディープシーに手を出すことはないかもしれませんが、ロレックスファンとしては一度お目にかかってみたいものですね。

プロ向けで、一部の顧客層のみであることから、ずっとプレミアが続き相場が上昇し続けているということでもなく、落ち着いてくることもありますので、市場でお目にかかる機会が全くないというモデルではないかと思います。

目にする機会があれば、一度ぜひその素晴らしさを肌で感じてみてください。