ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックス オーバーホールなしだと10年の寿命?

ロレックスは耐久性の高さが売りですが、毎日使い続けていると、寿命はどのくらいでやってくるのでしょうか。機械式時計は半永久的に使うことができるといわれていますが、寿命がないわけではありません。

そして勘違いしている方も多いのですが、この半永久的に使うことができるというのは正しいお手入れを行ってこそ言えることなのです。

今日はロレックスの時計の寿命がどのくらいでやってくるのかということについて考えてみたいと思います。

 

ロレックス オーバーホールなしだと10年の寿命?

 

耐久性が売りのロレックスといえども、機械式時計ですので消耗品や準消耗品のパーツが多く使われています。水入りを防ぐためのパッキンや、ゼンマイやゼンマイを収納する香箱、切り替え車や2・3番歯車、そして竜頭周りの機構などがあげられるでしょうか。こうしたパーツについては、3年から5年に1度の定期的なオーバーホールを行うのとは別に、オーバーホールの際やまた別の機会に交換やメンテナンスが必要になってくるものであります。

 

ロレックスについては、サブマリーナなどの現行ムーブメントのcal.3135のゼンマイが切れやすくなっていますので、オーバーホールごとのゼンマイ交換が必要になるでしょう。日本ロレックス社にオーバーホールに出すと、必ず交換されて時計が戻ってくることになります。

オーバーホールの際に、パーツ交換も行わなければ時計の機能を保つことができない、といえます。そのため、この定期的なオーバーホールを怠ってしまうと部品の劣化によって故障してしまうという事態が発生するのです。

これらのパーツの寿命はせいぜい10年といったところです。だからといって、10年経ってオーバーホールに出すのは間違っています。10年オーバーホールに出していないとパッキンの劣化により、時計ケースにサビが発生してしまう、摩耗がすすんでしまうなど防水性や精度の機能が大幅に悪化してしまうことが考えられます。

こんなことになってしまうと、いくらロレックスでも10年の寿命しかなく半永久的に使うことができるとは言えなくなってしまいます。修理に出すにしても、新しい時計が買えるくらいの価格になるかもしれません。

 

以上のように、ロレックスの時計を10年以上、半永久的に使っていきたいという方は定期的なオーバーホールを怠ることのないようにしましょう。ロレックスの高い耐久性は3年から5年に一度のオーバーホールによって保たれているといっても過言ではありません。