ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックス ウォッチワインダーのデメリットー故障率が高いー

手動式の機械式時計は、ぜんまいを巻き上げる作業が必要になります。そのため、金曜日までロレックスを身に着けて、次の週の月曜日まで使わない場合や、プライベートだけしかロレックスを使わない場合などは身に着けない間にぜんまいが止まってしまっている可能性があり、使うときにぜんまいの巻き上げ作業が必要になります。

その手間を解消するものに、ウォッチワインダーがあります。ウォッチワインダーとは、機械式時計のゼンマイを自動的に巻き上げてくれる機械です。使わない間、そこに保管しておくと、いざつけるとなったときにぜんまいを巻き上げなくてよいのですぐに身に着けることができます。

 

ぜんまいを自動で巻き上げてしまうウォッチワインダーはとても便利なものでありますが、同時にデメリットもあります。ロレックスユーザーの方で、ウォッチワインダーを購入しようか検討されている方もいらっしゃるかと思いますが、デメリットをしっかりと理解したうえで、購入・使用されることをお勧めします。

 

ウォッチワインダーのデメリットとしては、故障率が高いことや、安い機械の場合、時計を帯磁させる可能性が考えられること、オーバーホール期間や、時計のOH期間、また寿命自体が短くなってしまうこともあります。

今日は、この故障率が高いという点にポイントを置いてデメリットを見ていきましょう。

 

ロレックス ウォッチワインダーのデメリットー故障率が高いー

 

ウォッチワインダーは、一般的に故障率が高いというのは、時計通の中で常識かもしれません。ウォッチワインダーには、長時間作動するモーターが使われており、可動部も複雑なので、機械として壊れやすいのが特徴です。メーカーの保証期間が設定されているの一般的ですが、それを過ぎるとほとんど故障してしまうというのも実際のケースとして報告されています。

 

壊れたウォッチワインダーに、ロレックスのぜんまいの巻き上げを任してしまうと、ロレックス自体が故障してしまうということにもなりかねませんので、ウォッチワインダーも時計のオーバーホールと同じタイミングで買い替えることが必要とくらい思っておいていただいたほうが良いかもしれません。

 

次回また別のウォッチワインダーが持つデメリットについてみていきましょう。しっかりとデメリットも把握したうえで、ウォッチワインダーの購入と使用を検討するようにしてください。

大切なロレックスと上手に付き合っていくために、保管方法、ぜんまいの使用前の巻き上げはとても重要になってきます。