ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックス ウォッチワインダーのデメリットー時計の寿命が縮むー

ウォッチワインダーのデメリットをご紹介してきましたが、今日お話しする寿命を縮めてしまうかもしれないというのが最も大きなデメリットかもしれません。

機械式時計は、油の劣化やパッキンの劣化などを考慮して3年を目安にオーバーホールに出すことが推奨されています。ロレックスも、5年に一度、オーバーホールに出すようメーカーからも発表されています。

オーバーホールが必要なタイミングには、油キレなどによって、ロレックスの内部は少しずつ摩耗してきているのです。オーバーホールが必要なタイミングになっても、メンテナンスされていない場合、ロレックスのムーブメントも脅威にさらされているということになります。

そんなロレックス内部の、オイルが劣化している状態のところにウォッチワインダーを使うと、油がなくてかすかすの関節を無理に動かしているのと同じような状態になります。ワインダーを使用しているロレックスには、ローターの芯が摩耗しているものや、芯の摩耗によりローターに悪影響が及び機械本体とローターが接触することで傷が内側についてしまうもの、また、摩耗によりできてしまった鉄粉が、時計の内部のオイルと混ざってしまい、保護が必要なパーツを研磨剤のようにこすってしまうことがあります。

 

ロレックス ウォッチワインダーのデメリットー時計の寿命が縮むー

 

ローターの芯や歯車は消耗品でありますので、ロレックスのオーバーホールの際には交換されることになりますが、地板などの基幹パーツが摩耗してしまっていることについては、精度調整も難しくなり、時計の寿命を縮めてしまう直接的な原因となります。

ロレックスをウォッチワインダーを使用して動かしていたとすると、5年たたなくとも3年から4年の間にオーバーホールに出したほうがよいでしょう。

 

手動で巻いている時計であれば、ロレックスのオーバーホールは5年に一度でよいわけですので、ワインダーを使用することでオーバーホールに出さなければならない期間が短くなっているわけです

 

ロレックスのオーバーホールの費用が5万円くらいですので、そこから考えると1年で5000円ほど無駄にしてしまっていると考えられます。

 

クロノグラフであれば、オーバーホール料金がより高額になるため、1万円くらい1年で差額がでるのではないでしょうか。

これまでご紹介してきたウォッチワインダーのデメリットをしっかりと理解したうえで、ウォッチワインダーをロレックスのぜんまいの巻き上げに使用するかを検討してください。