ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ロレックス アンティークとヴィンテージ 言葉の違い

ロレックスのアンティークとヴィンテージについて前回からお話を進めています。ヴィンテージロレックスの魅力として、良い雰囲気を持っていること、多様な個体差、そして過去を感じ取ることができる雰囲気をあげました。

魅力について掘り下げて迫る前に、アンティークとヴィンテージの違いについてもう少し考えてみたいと思います。ロレックスのアンティーク時計、ヴィンテージ時計、みなさんはどちらの言葉を使っているでしょうか。時計業界では、アンティークという言葉が一般的であるように思いますが、ここ最近ヴィンテージという言葉も使われ始めています。

 

ロレックス アンティークとヴィンテージ 言葉の違い

 

アンティークは骨董品という意味を持つフランス語が由来となっています。語源は、ラテン語でAntiquusという古いという言葉です。骨董品にも2種類の意味合いがありますが、一般的には希少価値のある古美術や古道具という意味でつかわれています。アンティークとは、つまり希少性があり、古いことという定義ができます。しかし、古いという境界線をあえて決める必要があるのかがポイントです。税法においては、製造されてから100年以上が経過していることが基準となっているようですが、税法以外のところでは基準が存在しないのが通常です。

 

一方でヴィンテージは、ワインの専門用語です。製鋼工程において使われる用語ですが、ぶどうの収穫念を表す言葉として使われています。そこから発展して、ヴィンテージワインは、当たり年のワイン意味することになりました。そして、ワイン業界の用語はほかの業界に水平展開され、ヴィンテージカー、ヴィンテージジーンズ、ヴィンテージカメラなどという言葉が使われます。ヴィンテージとは、希少性をもち、時間が経過する中で価値が高まっていく製品という意味を込めて使われます。時間の経過という点から、アンティークと同じくある程度古いものに対して使われますが、ヴィンテージという言葉のほうがアンティークよりは新しいものという認識が強いかと思います。

 

つまり、アンティークとヴィンテージという言葉には、両方とも希少性や価値という意味があります。また古いという点も共通しているでしょうか。そして、アンティークよりヴィンテージは新しいという認識もあります。

これをロレックスに当てはめてみると、バブルバックはアンティークと認識し、既出のエクスプローラーⅡの1655はヴィンテージと位置付けられるのではないでしょうか。