ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

ヨットマスター16622 苦節を長く経験したモデル ~今後の相場上昇が期待できるということ~

ロレックスを資産性の高いものとして賢く購入するためには、個体が減少するも増加しない生産が終了したものを購入すること、個性や特徴をもったモデルを購入すること、そしてコンディションを見てよいものを購入することがポイントです。

コンディションについては、その都度お店で出会うものによりますので、運もありますが、先に挙げた2つの条件をクリアするモデルを絞って探すことはできます。

 

前回ご紹介したヨットマスター16622のシルバー文字盤は、この条件に合致するモデルであり、手に入れば満足度の高いこと間違いなしのロレックスです。

好景気である116622と、共有している部分は内部のムーブメントとなるcal.3135のみで、ベゼルから文字盤に至るまでプラチナ製の特注となっています。さらには、ホワイトゴールド仕様の針が採用され、高級感に満ち溢れたモデルです。

 

ヨットマスター16622 苦節を長く経験したモデル

 

ヨットマスター16622は超優良なスペックを持ちながらも、富裕層向けのラグジュアリウォッチであるという側面から高額であったためか爆発的なヒットとはなりませんでした。

 

しかし、これは逆に言うと、発売後時間がたった時にも伸びしろがあるということです。

売れ行きが良くなかった、そしてプラスポイントとして定価が高かった、これらのことによって、脚光を浴びる日を期待することができるモデルです。

 

シルバー文字盤が、ロレックスの公式ホームページからなくなっていること、そして今後も復活する予定がなさそうなことで、唯一性をもった特徴的なモデルになりつつあるのです。 このままシルバー文字盤が復活しなければ、製造が終了しぐんぐん相場が上昇してくることでしょう。ヨットマスター16622は、中古市場でも大注目の個体となるはずです。

さらには、16622の後継機となる116622はシルバー文字盤のモデルでさえも、フラッシュフィット部分が長いことでほかのスポーツモデルよりもそのフェイスが大きく見えるという、独特なコンセプトを捨ててしまっており、サブマリーナやGMTマスターとの互換性を重視しているビジネス時計であるということから、ファンにとってはあまりそそられないものになってしまっているというところもポイントではないでしょうか。

 

次のひとつを考えている、という人にはロレックスの中でも今後の資産性に大いに注目できるヨットマスター16622をおすすめしたいと思います。