ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

オーバーホール正式依頼から完了までの流れ

ロレックスの正規サービスセンター以外の修理業者でのオーバーホールについて、見積もりから正式依頼までの流れを見てきました。見積もりの段階で信頼のおける業者であると判断し、また価格にも納得できれば正式にオーバーホールの依頼へと進んでいく流れになります。

 

オーバーホールを正式依頼した後の流れ

 

見積もりの価格や、信頼性に問題がないと判断できた後は、メールで正式にオーバーホールを依頼していくという流れになります。その時点でポリッシュ加工など、オプションを提示されることもあるでしょう。予算などから検討し、申し込んでもよいかと思いますが、正式にオプションも依頼した後は、実際にオーバーホールの作業に移っていくためその後のキャンセルはできなくなります。

ちなみにオプションとしては、デイトジャストの例で、ケースとブレスレット部分のライトポリッシュが10000円、ケースとブレスレットの仕上げ研磨の外装仕上げが20000円と提示があったようです。この価格も業者によって違いますので、後々申し込みたいと思っている方は、見積もり段階でメールで問い合わせてみるとよいかもしれません。

業者によっても、その時の込み具合によってもオーバーホールにかかる時間が変わってきますが、約1か月を目安にオーバーホール後の時計が手元に戻ってくることになるかと思います。

正式に依頼してから、オーバーホールが完了した後は、完了を報告するメールが送られてきます。業者によって支払い方法が異なりますが、代引きしか選択肢がないところもありますので、現金が必要な場合もあります。この点も確認しておくとよいでしょう。

 

メールが届いてから数日でロレックスが手元に届けられます。完了メールには、宅配便の送付番号が送られてくる場合がありますので、メールに記載があれば後追いも可能です。記載がない場合は、到着日の特定や指定ができないということになるので、受け取りにも注意しましょう

 

きちんとした業者であれば、また衝撃に強い箱にロレックスが収納され、説明書なども添付してくれています。

また、交換したパーツが一緒に送られてくることもあります。オーバーホール完了後は、クリーニングをサービスで行ってくれているので、ピカピカになって戻ってくるでしょう。

 

アフターサービスとして、ほかの時計をオーバーホールするときに使えるクーポンなども入れてくれている業者もあるようです。