ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

オーバーホールを依頼する業者を選択するポイントー見積もりキャンセルができるか・保証期間があるかー

ロレックスの時計をオーバーホールに出すにあたって、正規サービスセンター以外の業者に依頼するのであれば、信頼できる業者を選ぶのが何よりものポイントとなります。

オーバーホール費用が安すぎる業者はできるだけ避け、技術の品質を優先しましょう。対応がしっかりしていて、明確に見積もり金額を提示してくれるお店が安心です。

 

オーバーホールを依頼する業者を選択するポイント

 

また比較する際に参考にしたいほかのポイントとしては、見積もりをとった後でもキャンセルができるかということです

オーバーホールに出したいと思ったとき、自分でロレックスの裏蓋を開けて修理や交換箇所を確認することはできません。オーバーホールで見積もりを出してもらっても、素人には本当にそれが適正な価格なのかというのはどうしてもwかりません。

修理や交換が必要がない部品にも関わらず、交換を求めその分の修理費を請求されることも可能性としてはあります。

そこで、業者を選ぶ時には、見積もりの後キャンセルがきくのかということです。キャンセルができるようであれば、見積もりの価格に納得できない場合は、キャンセルをして別の業者に依頼するという選択肢をとることができます。

見積もりを依頼する際は、価格提示後納得いかなければキャンセルがきくのか、というところまで確認しておいたほうが良いでしょう。

 

そして最後に、オーバーホールが終了した後の保証について確認しておきましょう。オーバーホールしてもらっても、ロレックスに何らかの不具合が出てくることも可能性として考えられます。そういった際には、何らかの保証がついていると安心でしょう。修理保証の期間は業者によっても異なりますので、比較検討しながら満足度の高いところを選びましょう。業者の中には、オーバーホール後1年間の修理保証期間を設けているところがあり、ロレックスに不具合が生じた場合は、点検・再修理を無料で行ってくれるサービスがあるようです。

ちなみに、日本ロレックスの正規サービスセンターでオーバーホールを行った場合は、アフターサービスとして2年間の保証期間が設けられています。

 

ここまでご紹介してきたポイントを踏まえて、オーバーホールの依頼先を比較しながら決めていきましょう。

業者が決まれば、配送キットを申し込み、時計を実際に送るという手続きから進めていくことになります。

 

では次回、ロレックスのデイトジャストのオーバーホールを行った例から、その後のオーバーホールの手続きについてご紹介していきます。